いっぱい持ってます。

062


浴衣いっぱい持ってるので、ちょっとゴハンに行くのにも着てみました。
着ないともったいないしね。

「街中に涼しげでキレイに浴衣を着てる人が少ないな」と嘆いているくらいなら、自分で涼しげに着て出かけよう、と思い至りました。

成功してるかは他人様の評価ですし、好みは人それぞれですが、少しでも和装の美学に気づくお嬢さんが増えればいいな。


065_3

064_3


|

Happy☆ゆかた一家②

そのHappy一家と、なじみのお店へゴハンに行きました。
056
059

040

ワタシの浴衣です。
綿麻の浴衣、シャリっとして空気が通って涼しいです。
帯も羅なので軽くて涼しい。帯留めも浴衣に合わせて金魚にしました。
帯締めは、先日のお食事会のステキな人のマネで2本をクロス。
041

帯結びの画像まちがえて消しちゃってないです。スミマセン。

|

Happy☆ゆかた一家

この猛暑の日々でも、日本の夏を楽しみたいもんです。
もちろん、浴衣よりTシャツのほうが体感は涼しい。
でも、涼しげに見えることで、浴衣はやっぱりいいですよ。
街中に浴衣を着てる人けっこう見ますけど、涼しげな人ほんと少ないな。

そんな中、お友達一家に浴衣を着つけさせて頂きました。
子どもちゃんの甚平まで、涼しげで良質なモノを上手に選んでると思います。
こども浴衣でも、最近なんかビラビラで、どピンクのお姫様みたいなの着せてるのをよく見ますが、まったく可愛くないし、見てて暑苦しいし…。
高いものじゃなくても、涼しげで品のいいものはありますよね。
052
050
この仕上がり、日本の理想的な夏のシアワセ家族写真だと思いません。
うらやましいですねー。
実際に、ほんとステキな一家なんですよ。
046

ボクはさっきまで泣いてたとこ。
戦争だって止まるくらいカワイイね!

|

梅雨の華やぎ③

083


ワタシのキモノもご紹介しときます。
ピンク地に唐草柄 紗ちりめん×白地に独鈷柄 博多八寸帯


やっぱり夏は大胆にね、と、こんな色を着ちゃいました。
髪をちょっとがんばってスタイリングしたら
褒められました。
うれしかったワ☆
耳隠しって知ってます? 
アップスタイルで耳に髪をかぶせるとレトロ感出るんです。
それをやってみたんです。
アップの画像を撮ってませんでした。
しくじった!
070 069_2
071 072

|

梅雨の華やぎ②

キモノブログですからね、皆さんの着こなしをご紹介しないとね。
078 079
黒ユリ柄の絽の小紋に、ユリの織帯。
夏キモノの醍醐味を凝縮するような、大胆な柄の素晴らしいコーデです。
この方の着こなしはいつも夢二の美人画を連想させて、キュンキュンしちゃい
ます。ワタシの夢二美人画の定義は「華奢・なで肩・ゆるさ」かな。

菖蒲柄の黒絽に、抹茶・うす茶色の半幅帯。
黒の夏キモノは、透け感が粋です。
なんと云うか、大人の色気というのかな。イイ意味で。
この方は、今までポップなキモノの印象が強かったので、ベリーショートカットにエロかっこいいキモノもお似合いで、次のステージへ進んでいらっしゃるようです。
081_2 082_2

麻の葉モザイク柄の紗紬に、カワセミの刺繍の帯。
水辺のカワセミ、とても涼しげでキラキラもあって、夏帯の良さです。
生き物柄はみんな好きよね。鳥モチーフは人気高し!
青系の濃淡でスッキリまとめていらっしゃいます。
P1030336_2 P1030337_2

こげ茶のお単衣に、ミントブルーの織帯。
チョコミントなこの色合わせ、ワタシめっちゃ好きです~(*゚ー゚*)
渋好みの方ですが、細かいところにカワイさもある、センス溢れるコーデ。
ななめに締めた二本使いの帯締めも、玄人っぽいですねぇ。
帯揚げの色がきいてます。
098 100
101

|

梅雨の華やぎ。

梅雨のすき間に、華やかなお食事会をしてきました。
ジメジメうっとうしい季節だからこそ、夏キモノの華やかさで気分上げたいと思074うんですよ。

雨は降らず、気温も上がらず、お天気に恵まれてキモノ日和でした。
場所はヒルトン大阪の日本料理店
「源氏」。
かなり贅沢しちゃいました。ふふふ。
お店の前で待ち合わせ。
入口の雰囲気ステキですよ。
絨毯のウズ巻きがカワイイわぁ♪
この時点で、もう充分に気分上がります。

着席すると、朝顔の挿絵が入った涼しげなお品書き。ワクワクしますねぇ。
086 087
この時話題になったんですが、夏になると、街中に和小物があふれるけど、
あれって、なんででしょ?と。 浴衣商戦の流れかしら? 
和モノのほうが、涼を感じる気はします。そのあたりの感じかなぁ?
ワタシは、ハイビスカスより朝顔のほうが涼を感じるのは確かですね…。

092 088_2
もちろんヒルトンですから、お料理は言うまでもなく、器からナニから、そりゃもう一流でございました。
女5人集まれば話題は豊富で、楽しいお話と美味しい料理にキレイな器、ステキなキモノ女子と、最高に贅沢な時間はあっという間です。
うらやましがって下さいませ。

最後に記念撮影です。
095
103
はぁ~っ (*^.^*)
梅雨を忘れる華やかさでしょ☆

|

ツナギ☆

このブログはキモノブログです。
なんですが、どうしても人に見てもらいたくて… モジモジ(。_。*)))

知らない人も多いかと思いますが、と言うか、興味ないと思いますが、
ワタシ、ずっと前からロックバンド UNICORN の大ファンです。
この度お知り合いに、オリジナルのツナギを作ってもらいました。
UNICORNはライブのユニフォームに、よくツナギを使います。
それをマネたんです。

まだライブに着ては行けてませんが、一人でウチで着て、ニヤニヤしてます。
間違いなく気持ち悪い自覚はありますよ。
でも、あんまり完成度が高くて、人に見て頂きたくて。

ただただ、スミマセン。
104 103

|

展覧会へ。

123イラストレーター 太田 朋さんの展覧会へ行ってきました。
朋さんは、古くからのおキモノ友達です。
場所は、苦楽園にあるウラン堂さん。
ガラス張りでとても明るく、木のぬくもりが印象的な店内。
そこに並ぶ朋さんの作品は、空気がとても似合ってて、ずっとそこにあるみたい。
展覧会でそんなのヘンなんだけど、不思議な感覚です。
今回はイラストだけでなく、器や真鍮など、他のアーティストさんとコラボした作品も多数ありました。
111 114
117 116

106この日のキモノ。
白黒赤・ダイヤ市松柄 銘仙×オレンジ色の
バラ柄 名古屋帯

お単衣です。
この5月の過ぎた暑さはなんでしょうかね?
ちょうど心地いい季節ってどんどん短くなるような気がしてます。
そんな訳で、5月でもお単衣です。
108
107
109
5月ってことで、バラ柄です。
バラは品種も多く、年中咲いてますが、一応
5月が旬てことで。
この帯の、葉っぱの黒いまだらのところが
気持ち悪くて好き。

|

オルゴール博物館

苦楽園にある堀江オルゴール博物館に行ってきました。
春の庭園公開とのことでお誘い頂きました。
住所は苦楽園ですが、あの六麓荘辺りにあります。
お城みたいな住宅の中を、車で向かうだけでちょっとビビりました。

まずは庭園から。
すっごい広いんですが、時間がなくてあんまり散策できなかった…。
初夏の新緑が美しくって清々しかったです。
Img_0784 Img_0774
Img_0768_2 Img_0786_2
Img_0760

館内は撮影禁止でしたので、オルゴールの画像はそんなにありませんが、素晴らしかった。もうね、オルゴールの概念が根底から変わりました。
説明しても仕方ないので、是非行ってみるべきです。
とにかくスゴイです!
Img_0791
Img_0796_2

|

開店お祝い。

お友達が、元町にお店をオープンしました。
「カフェ&ギャラリー toiro」
Img_0562 Img_0564

Img_0612 Img_0589
早速お祝いに行って参りました。
店内は、白い壁と広い窓が印象的で、お祝いの花がいっぱい。
ワタシもお花を持っていきましたよ。
Img_0615 Img_0587
お祝いなので、紅白のダリア。
Img_0600_2
チーズケーキおすすめ☆

Img_0452


クリーム地にカラフル水仙柄 ウール×
若草色 博多献上帯
暑くなった日なので、初夏の色をイメージ。
Img_0516_2

さくらんぼの根付けも季節なので。

Img_0498 Img_0526

|

窓辺のキモノ美人。

001


お友達に着付けをさせて頂きました。
結婚披露宴へご出席で、受付もされるとのことなので、きちんと着付けないとね。

黒のキモノが良く似合う、とてもカッコイイ女性です。
絞りなので可愛さもあるし、楚々として素晴らしいキモノ。

帯はしっかりとした青海波柄の袋帯で、ちょこっとアレンジした結びです。
黒×金の組み合わせって、一つ間違えると”親戚のオバサン”ぽくなるので気を付けないといけませんが、帯結びや帯締めの華やかさで問題ナシです。

003_2

着付けの後、時間があったので一緒にカフェに行きました。
窓辺のキモノ美人がキレイだったので、おまけ画像。
006

|

春の恒例。

208_2


すっきりしない雨が続く春ですが、雨の合間を縫ってキモノでお出かけしました。
毎年必ず、この時期に筍や春野菜を頂きに行くお店があるんです。
春を感じると、この味が楽しみでウズウズしてきます。
そして、毎年裏切らずに美味しい。
今年も大満足です。




085
抹茶色無地 綸子×紫地に水色の葵紋 博多八寸
春の色を意識したコーデです。
こういう色合わせ大好物。
葵柄も好き度トップ3ぐらいの柄です。

127 103

小物類は控えめで、色合わせを邪魔しない程度にキラキラを足す感じで。

|

演奏会のつづき。

P1050584
黒地に青・銀糸のカトレア柄 お召し
生成り地に木蓮 染め名古屋帯

この時期にしか締められない木蓮の帯。
ただただ、この帯を締めるためだけの
コーデです。
ワタシがアンティークきものにハマるきっかけになったと言える帯。
構図のインパクトと、色遣いに一目で落ちました。
十数年前に買ったんですが、やっぱり今でも大好きだなぁ。
実は描かれ方がリアルな木蓮とは違うんですけど、よりキレイに見える構図になってると思うんですよね。
あくまでもワタシの感じ方ですけど。
もうすぐ街角に咲き始めると思うので、
よかったら違いを観察してみて下さい。

P1050588 P1050586
P1050587

|

演奏会の二次会。

アコーディオン演奏会の後、ご近所に住むお友達がおウチに招いて下さって、プチ打ち上げです。
Img_0040

P1050607
簡単な食事をご用意して下さってるとのことでしたが、意表をつくご馳走で迎えてくれました。
色鮮やかなちらし寿司はセンスが素晴らしい。もちろんお味もね。
他の方も、手土産を持参されてました。
ご自宅でスモークされたチーズとナッツを持って来られてて、これス~ゴイ美味しいの。
ワタシの中でちょっと燻製の見方が変わるくらいです。言葉では伝えられない…。
P1050611

P1050608
ワタシは自家製ローストビーフを持って行きました。
なぜか近頃、ローストビーフ作りにハマってます。
脂より赤身がウマい今日このごろ。
年齢でしょうか?



キモノもご紹介しておきましょう。
いつも個性的なキモノを見せて下さる方、この日は鍵盤と五線譜の柄の帯でした。羽織や帽子のバランスも完璧です。
演奏会に行く装いとして200点ですよね。
皆様ご参考にされて下さい。

P1050601 P1050606

|

赤いアコーディオン♬

P1050594_2


お友達がアコーディオンの演奏会をするというので、行ってきました。
芦屋にある、紅茶専門のかわいらしい
カフェ「まるる」さんでの演奏会です。
店内には、いたるところにマトリョーシカが居ました。
演奏する彼女に、雰囲気がとても似合う空間です。
P1050599
P1050597

P1050593
赤いアコーディオンすごいカワイイ☆
間近で見るのは初めてで、ボタンが多くて複雑そうだけど、とてもキレイです。
アンプラグドな楽器なのに音量を調節できたり、音色を変えられたり多機能で、すごい技術で作られてるんだなぁと改めて思いました。

アコーディオンの音色って、なぜかノスタルジックで、キュートで、優しい。
日曜日の昼下がりのカフェには最高で、残念ながら雨模様でしたが、それはそれでしっくりいい感じ。

紅茶のほうは、お茶好きを自負するワタシも大満足の美味しさ。
スィーツもお手製で、珍しいラベンダーのスコーンを買って帰りましたが、香りは強すぎず適度に香って、めちゃめちゃ美味しかったです。
ラベンダーって食べられるのねー。
P1050596 P1050592

つづく。

|

かしましデート④

1416722749997ご一緒して下さったお二人の装いをご紹介。

コチラの方、安定感バツグン。
常にカワイイ☆
この日は水玉押しで、ピアスまで丸くてカラフルな毛糸玉みたいなのんでした。
ディテールまでしっかりオシャレを楽しまれている、キモノ上級者さんです。
ウールのアンサンブルですが、戦後に昭和レトロなカワイイ柄のモノがたくさん作られています。
今でもこんなにオシャレに着られるんですよ。
なんか、一般的な着付け教室に通うとウールはダメとかってことがあるらしいですよ。
こんなにカワイイのにねー。
着たいんだっつーの!


こちらの方も、ご自身のキャラクターをしっかり分かっていらっしゃいます。
この華やかな綸子のやわらかモノに、ウールベレーとブーツとポンチョ。
コレをさらりとやってのけるのはスゴイですよ。
キャラとセンスに脱帽ですね。
1416722751643 1416722752259_3

1416722747026
ワタシのコーデは、こんな感じ。
コレといってこだわりナシなので、とくに説明しませんね。
1416722749427_2

1416722749141 1416722749747

|

かしましデート③

cafe yuddyさんでお茶を終えて、ちょっと探しモノでウロウロした後は、岡本と同じ東灘区内の青木へ移動。
この日最後のお楽しみ、いつもお世話になっている「周山」へ。
ハイカラきもの計画ではお馴染みのお店。
とにかくいろいろ美味しくて、お店の方がステキで、もう説明しません。
おしゃべりが忙しくてあまり写真撮ってませんが、皆様ご存知でしょうから
いいですよね。
1416722761997_3 1416722761681_3
最初にカニを注文したので、その時だけは静かめでしたけどね(^-^;

最近買ったばかりの、携帯カメラ対応三脚を使って三人ショット撮ってみました。
なかなかいい具合にするの手こずりましたが、まぁいい感じに撮れたかな?
1416722762221 1416806576782
最初は、どうなのか…とみんな心配顔で、
2枚目で揃ってニコリ☆
この三脚、折り畳めて割とコンパクトだし、誰かだけ写れないとか解決できて◎

1416806636063
いつもながら、まんぷくになり幸せいっぱいでご馳走様でした。

つづく…

|

かしましデート②

「ひなび」さんを出て、岡本の街をブラブラ。
有名スイーツ店も多いので美味しいお菓子を発見しつつ、歩き疲れたので休憩に cafe yuddy さんへ。
カフェの多い岡本でも、ワタシは一番好きなカフェです。
とても美味しい中国茶が頂けます。
一緒に行ったお二人も喜んでくれて、魅力的なメニューが豊富なのでオーダーに時間かかりました。
グラスの中の茶葉が見えて、バラが開くのが見えたりしてキレイ☆
目でも美味しいのです。
1416722752831_2 1416722753188
スイーツや茶葉の販売もされています。
美味しいお茶飲んじゃうと、お土産に買いたくなるのよね。
そんな訳で、仲良くご購入。
1416722757644 Dsc_0561

ココでの画像が暗くて全然使えなかった。ゴメンナサイ。

つづく…

|

かしましデート①

1416722745543
よく晴れた秋の三連休、お出かけ日和にキモノで ”かしましデート” です。
3人でお出かけだったんですが、
漢字では「姦(かしま)しい」って書くようで
女3人寄れば、確かに「かしましい」んですよね。

岡本にある一軒家カフェの「ひなび」さんというお店でランチをすることに。
とっても静かな住宅街に、ひっそりとあるお店。
お野菜中心のビーガン対応のメニューを出されるようです。
何からナニまで優しい感じのお店でしたよ
ワタシは古いものが好きなので、建物が一番興味ありましたね。
ガラスとか、古いものを再利用しててかわいかったです。撮ってませんけど。
実はデジカメの充電がなくて、あんまり取れてないの。
携帯画像ですがスペックが良くないので、今回は画像がイマイチです。 

P1050566_4 P1050570_5
ココはまだデジカメ画像。
そういえばビックリしたのが、最初に出されたグラスの中身はお白湯でした。
冷たい飲み物はあまりカラダに良くないって、皆が知るところだとは思います。
寒い日ではありませんでしたが、カラダに優しくってことでしょうね。
P1050567 P1050571
それからね、食器に金属が使われていませんでしたね。P1050573_2

1416722745067_2
ココから携帯画像。
画質が…

つづく。

|

夏の終わりのハッピー③

P1050502ウエディングパーティーの日のワタシの装いです。
マリンブルー地に華船柄 紗の訪問着×白地に華の丸柄 絽名古屋帯
数年前に購入したきり、着る機会に恵まれなかった紗の訪問着、やっとこ着られました♪
夏のキモノねー、猛暑続きの昨今ではホントつらいのよ。
コレ、アンティークだし、汗かきたくないんで
この日は秋を感じる気候だったので、助かりました。

帯周りは、紫系のキラキラ帯締めに、チュールレースの帯揚げ。どちらも自作です。
キモノと帯のインパクトで充分だったので、
この辺りはあっさりめにまとめました。

帯結びは、手先にヒダをとって太鼓部分は
ハコ折りにして、適当に結んでみました。
名前とかありません。
名古屋帯なので、長さとか柄の具合で行き当たりばったり。
P1050499 P1050497

P1050500衿は、白の花柄チュールレース。
この辺は、正装感を気取ってみてます。

足元は撮り忘れましたが、ビーズ台の草履でした。

|

夏の終わりのハッピー②

パーティーをご一緒して下さった方たちの装いをご紹介します。

P1050505_2


アンティークらしい青紫の絽に、
かめ垂れや波頭にユリや桔梗の花と、夏キモノの華やかさがいっぱいです☆
半衿や帯やバッグなど、どれも
個性があるのにちゃんと一つにまとまっていて、素晴らしいコーディネートですよね。
なにげに衿と帯が同じ柄なの?
日傘もステキ♪

P1050507 P1050506_3
P1050510_2

こちらは、少し秋の気配も感じさせる
装い。
細い縞の紗紬です。
シックさの中に、ちょこっと甘さがひそんでる、バランスが素晴らしいコーディネート。
リボン型の帯留めや、秋を感じるかごバッグにもリボンが。
衿は淡いピンクにキラキラのブレードが可愛いんだけど、画像は光で飛んでるワ (ノ_-。)
ヘアアクセサリーも、色はシックだけどキュートで存在感アリです。
P1050509 P1050508

お二人とも、元々はハイカラきもの教室に通って下さった方ですが、今では完全にご自身のキモノ道をお持ちですよね。
ワタシが学ばせて頂きたいコーディネートセンスがいっぱいでした。

|

夏の終わりのハッピー☆

P1050550お友達のウェディングパーティーがありました。
場所はワタシの大好物♪
神戸北野の異人館。
洋館でのウェディングなんて、女の子なら誰もが憧れますよね (*^-^)
もちろん、とーってもステキな場所でしたよ。
と言いながら、外観の写真を撮ってませんでした(汗)

おキモノ友達と一緒に出席してきました。
8月とは言え、朝夕は秋めいて猛暑は脱しているので、暑さはツラくなかったです。
カジュアルパーティーとのことで、マナーなど気にせずに自由にオシャレして来られてます。
P1050504

P1050513

若い新郎新婦なのですが、パーティーではお二人の細やかな気配りや、列席者への配慮が随所に感じられて感心しきり。そういう気持ちが嬉しいですよね。
でも、ピースの仕方がやっぱり若者だなーと思う、私達アラフォー組。
ラブラブハッピーパワー ありがたく頂戴しました。
P1050535_2
若者をマネて、アラフォー組もほっぺでダブルピース!

P1050523_3ここからは、パーティー中のスナップ。



まずは、乾杯のご発声。

P1050522 P1050520
 お酒とキモノが似合う女子。        お花とキモノが似合う女子。P1050532

お肉とキモノが似合う女子。(笑)

すっごい厚みで、ジューシーで
や~らか~いの。
美味しかったなぁ (*^.^*)

P1050540

最後に、ビュッフェのスイーツを盛って
120点の笑顔が出たキモノ女子。

夕方からのパーティーだったのでだんだんに陽が沈んで、暮れてからもいい感じ。
せっかくなので、お庭に出て撮影。
P1050552_2 P1050549_2
P1050538_2

洋館の醍醐味、重厚な階段も
ステキだったので、勝手にフォトジェニックごっこしてます。

キャンドルの飾られた螺旋階段でも(*´v゚*)ゞ
P1050555_2

ステキな洋館と、美味しいものを満喫して、ハッピーなお二人のおもてなしを堪能させて頂きました。
お祝いをしに行ったはずなのに、コチラのほうが楽しませて頂いた感じで、良い時間となりました。

…つづく。

|

”細雪”ごっこのワタシ

P1050415
抹茶色縫い取りちりめん色無地
白黒市松 綿半幅帯
男モノ行燈袴
紫地綸子 唐草の絞り長羽織


めちゃめちゃ風が強い日でした。
風強いと前がからみついたり、はだけたり、歩きにくいんですよね。
そんな訳で袴を着用。これで、まるっと解決!

帯周りは、全体が無地なのでカラフルに。
根付けにドロップ型のガラス玉をじゃらっと。

帯結びは袴をはくと見えませんが、小ぶりな文庫に結びます。

おまつりは、手ブラがいいのでポシェットにしました。
アンティークのイタリア製ラタンです。
P1050420 P1050424

足元は革のハーフブーツ。
これも古着屋で見つけたドイツの古いもの。
今どきのブーツより、不思議と古いもの同士のほうがしっくりくると思うんです
P1050425

|

”細雪”ごっこのつづき。

芦屋川の桜まつりに行った方々、キラキラの春の装いでお越し下さいました。
P1050438_2
皆さん、申し合わせたわけじゃないのに白い羽織。
そのうちお二人の白レースの羽織は、偶然に全く同じモノでした☆
同じモノでも、全体は違うテイストで、それぞれの個性がよく出てます。
白っぽい羽織モノは、グッと春らしさが出ますね♪

人がわちゃわちゃしてたので、あんまり撮れてなくて、帯周りだけは撮っておきました。
ディテールを説明しませんが、皆さん細かいところまでとてもステキにだわってらっしゃいます。よ~く見て下さいね。
P1050469
P1050471 P1050470
P1050468

|

春の ”細雪” ごっこ。

たいへんご無沙汰しております。 ゴメンナサイ。

お友達に誘って頂き、芦屋川の「桜まつり」に行ってきました。
阪神間だと、花見は夙川だなと思ってたんですが、芦屋川とても良かったです。
画像満載で雰囲気をお届けしたいです。
P1050436
P1050447_2 P1050443
風が強く冷えた日でしたが、桜は満開で素晴らしかった。
そして、桜吹雪のなかの妙齢キモノ女子達、誰かが…
「細雪っぽい?」と言いました(苦笑)
分かる人だけ分かって下さればけっこうです。
誰が長女で誰が四女? とかは聞かないで。
P1050439
なんかね、この桜まつり、その辺の”まつり”とは別格でしたよ。
出店が並んでるのですが、いわゆるテキ屋さんじゃなく、近隣の飲食店さんが屋台を出されてるようで、パスタやクラムチャウダー、ハーブソーセージ、ビゴのバケット、などなど、とにかくオシャレで美味しくて、、安いっっ!
一般的な ”まつり” の屋台は、高くて美味しくないでしょ?
すごいコストパフォーマンスでしたよ。
ワインがグラスで300円、ボトルで1500円とか。
紙コップじゃなくて、ほんとにワイングラスで出してくれるの。驚きですっ!
簡易のテーブルとイスがあるので、そこでのんびり楽しめます。
P1050450
P1050452 P1050462
それと、川沿いにステージが建てられてて、そこで生バンドがジャズとか演奏してて、音楽もあるんです。
素晴らしい景色・美味しい食べ物・適度なお酒・心地いい音楽・きもの女子☆
もうねぇ、欲しいモノが全てそこにあるって感じの贅沢でしたよ♪
P1050464

ごきげんさんな画像、もうちょっとおまけで。
P1050477 P1050478
P1050479 P1050474
P1050481

つづく…

|

«ウールベレー帽のつづき