« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

仕事納め。

Sn371314Sn371318今年最後の、教室のお稽古の日。

エンジ地に橙・ベージュの水玉っぽい絣柄 銘仙×クリーム色地に朱の牡丹・蝶柄昼夜帯

帯の柄が季節はずれですが、文様化されてるので気にしません。

防寒は黒の別珍コート。コレは振りを縫い閉じてるので袖丈カンケーなくて便利。Sn371316実は、このキモノの袖丈は63cmあるんです。  あとついでに、何度か書きながら画像でご紹介できなかった豹柄の長手袋。

帯周り。帯をずらして折ってから巻いて、裏の黒繻子をみせてます。帯締めは赤・黒の革ヒモ2本使い。黒の結び目は後ろに回して 赤は先端にキラキラ付き。帯揚げは茶系の万筋のちりめん。Sn371315 帯の色目が勢いあるので、全体に抑えめに。

帯結びは角出し。蝶々をもっと巧く出したかったです …(-_-)

衿は先日ご紹介したモノの色違い。黒地に黄金色の家紋。家紋の種類もちょっと違ってます。

今年はご愛読ありがとうございました。ブログ1年生で探り探りの日々でした。Sn371317

来年も立派で面白い記事は書けませんが、自分らしい記事を心がけてコツコツ続けていきたいと思いますので、引き続きのご愛読よろしくお願いします m(   )m

良いお年をお迎えください☆

あっ、次回は三が日明けくらいに更新すると思います…

|

忘年会? のつづき

Sn371320昨日ご紹介した付け下げの柄が、遠目じゃ全然わからないので アップ画像を載せようと思って忘れてました。

是非クリックして大きい画像を見て下さいね。いい感じなんで☆

|

忘年会?

Sn371300Sn371309 お稽古場所に借りている はるひ の忘年会に行きました。

黒地に猫柳と粉雪の柄  ポリ付け下げ×紫地に青緑・銀の花の丸 名古屋帯

忘年会。 「その年にあったイヤなことを忘れましょっ。」っていう意味ですか?

私の場合、忘れたいほど Sn371308イヤなことなんて全くない幸せモンです。それよりも、モノ忘れがひどいので 逆に 「今年あった楽しかったこと、良かったこと忘れたくないーっ!」の意味での 忘年防止会な感じ。

キモノは猫柳と粉雪の柄ですから冬季限定で、付け下げで行くようなシーンでもなかったんですが、そろそろ着ておかないとと思ってコレ。羽織は黒羽二重シブキ柄の縫い取り。

帯周りは、黒・銀のジャラジャラ帯締めに 月と雲の帯留め。 帯揚げはクリーム色の綸子。Sn371302

帯結びは、オリジナルの変わり結び。

衿は 白地に黒の家紋柄。頂きモノなんですが、かっこいい生地でウレシイ☆ 伊達衿は銀杏色。

忘年会の場所は、古い感じを残しつつの ステキなビルにある閉店後のカフェでした。Sn371305

Sn371313

|

興味ないんです。

Sn371295_3Sn371299クリスマスに全く興味がありません。 それよりは今年のM-1のレベルが低かったことが、残念だったり ショックだったりしてまして…(‐”‐;)

薄灰色地に赤・青・ピンクの薔薇 幾何学モザイク柄 緞子×黒地に金レース 袋帯

イヴとか関係なく 普通に呑みに行きましたが、派手めなモノは普段なかなか目立ち過ぎて着られないので、Sn371294_2街中が派手なこんな日にでも着ておかないとね。

先日 着たばかりだけど、クリスマスっぽい柄を選んだらコレになりました。クリスマスには興味ないけど。クドイ?

羽織は黒地の綸子に孔雀柄。

帯周りは ジャラジャラ帯締めと、雪の結晶に青いビーズの根付け。どちらにもキレイな青が入っていて、キモノの色と合わせてます。帯揚げはナシ。帯のタレを引き揚げるヒモに 見えていいモノ使ってますから。

Sn371296_2帯結びは 角出し。

衿は、白いレースに金の星が散りばめられたモノ。 

Sn371293_2

引き締めに赤の伊達衿。

|

はためく万国旗。

Sn371282Sn371285この日 教室のお稽古の後は友の「お誕生日会」。

帰りは遅くなる予定。夜は冷えるので、ガッツリ着込みました。

黒地に鶯色の滝縞 お召し×ピンク地に緑・銀のゴシック柄 名古屋帯

別珍のコートに豹柄のフェイクファーケープ。 画像ありませSn371287んが豹柄の長手袋も。完全防備でぬくぬく。

帯周りは、ブロンズ・金色の革ヒモ2本使い。2本とも前で結んで、先端にはチャラチャラ・キラキラパーツ。帯揚げは起毛の豹柄。コレは失敗。帯の柄がゴチャっとしてるので、豹柄と柄密度がカブッてしまってて、いけません。 根付けに茶系の柊型のスワロフスキー。Sn371284色が薄く 透明度があり過ぎて、画像じゃ見えにくいですね。

帯結びは お太鼓くずし。コートを着た時の着姿を考えると、あんまりボリュームの出る変わり結びは出来ません。短い帯ですが、お太鼓が似合う帯ではナイので 無理やりお太鼓くずし。

衿は、ベージュ地に鶯色のビーズ付き。キモノの鶯色とほぼ同じ色のビーズです。Sn371286

お稽古場所の はるひ は、商店街の通り沿いにありますその商店街は毎年 年末になると100mくらいズラーッと万国旗が飾り付けられます。

今どき なかなか見ないでしょ? かわいくないですか? なんか懐かしいような、Sn371288わくわくするような、嬉しくなる感じ。

|

在宅オシャレ。

Sn371275教室のお稽古の日。

赤い大菊 絞り柄 ウール×黒地 蜘蛛の巣柄 名古屋帯

お稽古場所 はるひ でのお稽古の予定だったんですが、急遽 予定変更で自宅に変わりました。 せっかく出かける用意してたので、キモノ着ました。

合わせる予定だった羽織。黒地の綸子に紅白の梅・椿・菊の柄。アンティークらしいパンチのある柄。 コレ薄く綿入れになってて、ふっくら温か。 もっと着たいけど袖丈が短く40cmしかないんで、Sn371279合わせられるキモノが少ないんです。振りを縫い閉じちゃおっかなぁ。今日も結局 出かけなかったから着そびれちゃったし (_ _|||)

帯周りはジャラジャラ帯締めだけ。羽織ヒモはキラキラ蝶々。お出かけならコレに根付けとかブローチ付けます。 おはしょりが出ないので 帯の2周目をずらして巻いて、帯幅を出してます。

帯結びは角出し。

衿は黒地に金・赤のポイント付き。Sn371277レモン色の伊達衿

Sn371278_2

|

地味は苦手。

Sn371262 大阪の病院へお見舞いに行きました。

チョコ色地にピンク・ベージュの絣柄 お召し×生成り地に紫の独鈷 博多半幅帯

お見舞いですから、当然 控えめでなくちゃ。 なんですが、どう~も地味でもイケてるコーディネートを考えるのが苦手なんですよね。コレ弱点です。 そもそも 地味アイテムが少ないですもん。

まぁ でも、それなりにナンとかしてみました。たぶん ウチのたんすで一番地味なキモノと、黒羽二重の一つ紋の羽織。

Sn371263それにしても、控えめで粋な感じって難しいけど 憧れますわぁ (*'-'*) 引き算の美学だわね。

帯周り、ものすごっシンプルです。深緑・小豆色のグラデーションの帯締めを四葉に結びました。根付けは自作で、雪の結晶の透かしに青いキラキラビーズ。羽織ヒモは紫のビーズのモノ。

Sn371261 帯結びは先日と同じ矢の字。大阪までの往復をSn371265運転するのに、もたれやすい 結び方がいいのでコレ。

衿は 生成り地の綿レースに山吹色のビーズ付き。

お見舞いの帰りに、前から行ってみたかった西区の靭公園にあるカフェ「翠(すい)」に寄りました。

Sn371273入り口から客席までのアプローチが風情ありました。

Sn371266 店内の公園側は全面ガラスの引き戸になってて、景色を見てのんびり。犬好きなので散歩中のわんちゃんが見られて幸せでした。

ときめいたのはケーキ。   メニューの写真を見て迷わず決めた うず巻きのケーキ! Sn371267うず巻きかわいい~(*^-^*) 「ゆずショコラ」という名前で中身も好きなカンジ♡ 食べてみたら、もちろん美味でございましたぁ。 オレンジピールのチョコがけのユズ版みたいな味。説明ヘタでスミマセン。

ココは日本茶にこだわっていて、ドリンク選びは お茶好きをナマ殺しにします。端から端まで全部注文したくなるのに、胃は1つしかありませんからね。涙を飲んでの選択で シンプルに煎茶を注文しました。サーブの方法は煎茶の正しいSn371269淹れ方とは少し違っているようで、ちょっと残念。 鉄瓶が かわいかったわ☆

ケーキがかなりおいしかったので持ち帰りも購入。ココで一番有名な「煎茶のクレーム・ブリュレ」と「抹茶のロールケーキ」。

ホンットおいしいです! ブリュレは過去に食べたモノの中で一番甘さ控えめで、煎茶の苦味も感じられてバツグンにいいです。Sn371274大人味です。 ロールケーキの生地はシフォンケーキのようにふかふかでした。

絶対また行こっ! (o^▽^o)ノ☆

|

ウチモード。

Sn371254自宅でのお稽古の日。

黒地にピンク・青の絣模様 ウール×小豆色の無地と縞の両面細帯

出かける予定がないので、ハイネックを合わせた お気楽コーディネート。お見せするようなもんじゃ無いですけどね、他にネタないので。

帯周りもシンプル。帯板を入れてないのでシャキっとしてません。帯の上を折り返して裏を見せてます。裏といっても本当はそっちが表でしょうけど…。 オレンジに黒のラインが入った帯締め。これだけじゃあまりSn371257にも寂しいので 飾り結びで三つ葉にしました。

帯結びは 矢の字。この結び方って色んな呼び名あるんですよね。着付け本によっても違うし、人によっても違う。貝の口と呼ぶのが一番多いかな?でも、貝の口はタレ先が出ない結び方もあるので私は区別するために 矢の字と呼んでいます。  最初に見たモノが「吉弥結び」と紹介されていたSn371255ので そう思っていたんですが、それはあんまりスタンダードでは無かったみたい。 「吉弥結び」は別の結び方があるみたいですし。

このハイネックの襟元 かわいいと思いません? せっSn371256かくなのでアップ画像。

|

右往左往。

Sn371241教室のお稽古の日。

赤に水色・黄色の矢絣 木綿×淡いピンク地に青銀色の西洋唐草 つくり帯

この日の天気予報で、日中は気温が高めだけど 夜は冷え込むとのこと。 お稽古は夜の8時まで。   結果、長羽織とショールの組み合わせにしてショールで温度調節を。

ですが、、、お昼過ぎにウチを出ようとしたら雨っ!!(。 ̄□ ̄)ツ

Sn371253Sn371250_2なんでだっ、さっきまで晴れてたのにっ!

前にも書いてますが 羽織は正絹しか持ってません。この日の羽織も錦紗でした。 仕方がないから慌てて別珍のコートに着替えて出直しです。別珍はちょっとくらい濡れても、拭いて乾かせば大丈夫。小雨だったしね。 道行衿のコートは好きじゃないですが、コレは千代田衿。 Sn371246とにかく、お天気に右往左往させられました (´`)=3

羽織&ショールで写真撮ってたので、もったいないから載せます。久しぶりに色をいっぱい使ったコーディネートだったんだけどな。紫地に大きな唐草の羽織。

帯周りは 金キラのジャラジャラ帯締め。 ピンク系のハギレを帯揚げに。根付けは青いビーズのモノ。  羽織ヒモは自作の紫系ビーズ。

帯結びは お太鼓くずし。 この帯は おばぁちゃんに貰った作り帯。ホントは作り帯は使わない主義ですが、コレは柄が好きだから使ってます。Sn371248お太鼓型の作り帯でしたが、無理ヤリくずしてやりました。 お太鼓 つまんないんで。

衿は、白・黄のギンガムチェックに水色・黄の花刺繍キモノの色使いに負けないようにハデ目の衿。Sn371244

|

深い疑問。

ずーっとね、思ってることがあるんです。 教室の生徒さんとも その事についてよく話すんですが…

キモノ屋の店員さんには上からモノを言ってくる人が多い。とくに年輩の店員さん。

ナゼなんですかね? 客商売でしょ?

なんで 「あなたは知らないだろうから、教えてあげるわっ。」的な空気で話しかけてくる人が多いんでしょう? あの感じでこられると 怖いですよねぇ~。 知らないことを教えていただけるのは有難いです。でも、同じ目線で話して欲しいんです。

私の年齢は キモノ人口の中では若輩なんだと思います。それで ナメられるのか分かりませんが、見下して話しかけてこられるし、間違えたこと言ってはったりするし、こっちからの質問にはお茶を濁されたりするし ( ̄ー ̄;

もしそうじゃなく、とても知識が深い店員さんだとしても 客を見下した感じで話してくるって、なんだかなぁです。 阿藤 快です。

Sn371239お買い物に行って 不愉快な思いするの、もうイヤなんですよ。 どうしたらいいんですかねぇ (ー_ー?) もちろんイイ店員さんも いらっしゃるんですが…。

でね、今は出来るだけ ほっといてくれるお店に行きます。だけど、生徒さんから同じような話しを聞くと「なんとかならないのか?」と思ったりするんですよ。 キモノ初心者の人は買いに行くのビクビクするでしょう?

皆さんも、そんなことありません?    画像は内容に全く関係ありません。↑

|

ルミナリエっぽいのん。

Sn371219紅茶のセミナーを兼ねた親睦会に行ってきました

薄灰色地に幾何学モザイクと赤・青の薔薇 緞子×黒地にグレーのアラベスク柄 京袋帯

場所が、現在ルミナリエを開催しているすぐそばだったので ちょっとルミナリエを意識したキモノを選びました。  コレに黒の羽織ですが、画像は省略。

このキモノ すごく好きっ、ほんっと好きっ、とにかく好きっ! こんなバラ大好物です♡ 幾何学の部分もたまりません。 大きなシミが両脇の付近にあるのと、上前にもチラホラありますが Sn371208ぜんっぜん気にしません。羽織を着ていれば見えないし、モザイクが目くらましになるし。もちろんシミ抜きに出すお金などある訳ないしね。全体画像じゃ柄がちゃんと見えてないので、アップ画像でどうぞ。青がサファイアみたいな色でとてもイイんですが あんまり写ってないわ (⌒_⌒;…。

帯周りは、バラの色と合わせた青の帯締めと ピンク・紫の飾りヒモを2本蝶々結びに。 帯揚げも同じくバラの青に近い色の綸子ちりめん。 羽織ヒモはキラキラ蝶々。

帯結びは、ヒラっとしたのが重なって ふんわりのオリジSn371223_2ナル変わり結び。

衿は 黒地に金レース。これもちょっとルミナリエっぽい? 伊達衿は赤のサテン地。Sn371220Sn371222

Sn371224_2紅茶のセミナーで戴いたのは、岩茶の水仙と ルピシアの[キャロル]というフレーバーティーのブレンド。  クリスマスっぽいお茶でした。 ポール・ボキューズのマフィンやサンドイッチのお食事もあって、時間はランチタイムでしたが とても立派なアフタヌーンティーセットとなりました (^-^*) 

Sn371225

|

免許証。

Sn371218免許の更新に行ってきました。

免許証の写真ってやつは、どうやればイイ写りになるんですかねぇ? コツあったら教えて下さい。

身分証明書として使うことを考えると キモノ姿で写っていたいので、キモノを着て行きました。

Sn371213黒地にピンクの小菊紋 お召し×緑地に椿 名古屋帯

講習を受けるのに目立ってもしかたないので、地味目にオーソドックスな装いです。12月に入ったので、早速 大好きなドデカい椿の刺繍のアンティーク帯を締めました。 コレに黒羽二重一つ紋の羽織を着ましたが、先日ご紹介済みなので省略。

帯周りは、黒・ピンクのキラキラ素材が入った帯締め蜘蛛の巣の帯留め。帯揚げは茶・ベージュ系の万筋動きモノが欲しかったので 葵の透かし根付け。

羽織ヒモは自作の葡萄色のビーズの2連のモノ。Sn371217

帯結びはお太鼓。 羽織を脱がないつもりなので羽織った時の着姿のキレイさを優先した結果です。

衿は、深緑の無地に 黒に金のバラボタンを付けてます。伊達衿は紅梅色。キモノの色をとっているので安直。

Sn371216Sn371214

|

ギリギリもみじ。

Sn371202近くの山に 紅葉を見に行きました。 ちょっと遅かった…かなり散ってしまってました (´_`。)

その中でも、ギリギリ残ってくれてる紅葉がアリ 少し救われましたワ☆ その根性に感謝感謝♡ 

ホントは京都か奈良あたりに行きたかったけど、今秋はキモノ検定の受験があったりで Sn371200気持ちに余裕がなくて行けなかった。

来年こそ、京都の燃える紅葉をっ! と決意。

Sn371206

                             Sn371194

Sn371186この日のキモノ。

シブキ柄の縫取り 黒羽二重一つ紋の羽織×グレーの角通しに赤のダイヤ柄 ウール×紫無地と黒レース 両面半幅帯

屋外へのお出かけには 出来るだけウールとかポリを選びます。汚れを気にしないのが楽ですから。 もちろん状況によりますけどね。

羽織は羽二重の一つ紋ですから、ウールに合わせるのは格違いですが そんなことは気にしません。 マナーが必要なシーンではありませんから、Sn371187私にとってはイケてるかどうかしかありません。

羽織のシブキ柄が遠目では分からないので、アップで載せてみました。これが飛び柄で全体にあります。

帯周りは、帯の上だけを折り返して裏の黒レースを見せてます。帯締めは赤と黒の革ヒモ2本使い。2本とも前で結んで先端に飾り付いてます。Sn371188羽織ヒモは自作で、キラキラの4連です。ポイントに赤・金の薔薇ブローチ 左上にチラッと見えてます。

帯結びは、いつもの通り ふんわり適当です。

衿は 紫地にキラキラのポイント付き。 コレはポイントの部分がガサガサで、首がチクチクします。だから、当たるとこのポイント側に絆創膏を貼りましSn371191た。Sn371190

|

唐獅子・コマ犬・シーサー?

Sn371171急なお出かけが決まって、行き先が和食屋さんなので 慌ててキモノ着ました。

赤地に洋唐草 お召し×黒地に銀の亀甲と赤い唐獅子 名古屋帯

急ぎ過ぎで 着付けがかなり雑だし、変なところにたたみジワあったりで ダメ~な感じです。 今シーズン初めて袖を通すキモノで、ウチの住宅事情により無理な収納をしてるため 事前にアイロンが必要だったんですが、そんな時間はもちろん無く でも「この子を着たい!」と思っちゃったんですよ。 Sn371168羽織を脱がなきゃいいか…と、なめたことを思ったり、でも衿にあるシワは隠せませんでした (_ _|||)  こんなことではイカンですね! 着付けは早ければイイとは思いません。 やっぱりキレイに着ないと。

このキモノの柄付けはビミョーで、肩山に柄がないけど 付け下げ?になりますかね? キチンとした和食屋さん行くのは久しぶりで、こんな時こそ 付け下げを着なくちゃ。 それと、袖丈68cmとコレまた長いので 男物羽織のご登場。 写真をダッシュで撮ったので、なんか諸々汚いなぁ (ノд`@)

Sn371172帯周りは とてもシンプル。 腹紋がど真ん中にくると野暮ったい感じしますが、とにかく唐獅子を見せたいので 羽織を脱がなくても見える位置に配置 帯締めは久しぶりに一般的なモノ。帯揚げは赤のサテン地で邪魔にならない色に。 唐獅子がメインのコーデです。 羽織ヒモは先日ご紹介の蝶々。

Sn371167帯結びは、一年以上ぶりにお太鼓を結びました。  羽織は脱がない予定だし、獅子ちゃんをキレイに見せるにはお太鼓が一番なので まぁいいかなと。

衿は、白地に赤・緑の柄ちりめん古裂。 これも違うモノに付け替えたかったけど、時間がなかったぁ~。もっと合うのがあったんだわ。 Sn371169やっぱりキモノを着るには 事前の準備が大切ですね。

ところでね、唐獅子とコマ犬とシーサーの違いが いま一つ分からないんですよ。皆様はご存知ですか?

さて。。。和食屋さんではコースを注文。

蕪の柚釜蒸し おいしかったぁ。ほんとに手間のかかった和食って、キレイで美味しいなぁ (*'-'*)

帰り道で見つけたクリスマスツリー。12月に入ると、どこもかしこもクリスマスですね。キレイだからいいけど

Sn371182

Sn371175Sn371176

|

月と雲。

Sn371164先日ご紹介した「葵の透かしの根付け」の作家 さんに、こしらえて頂いた「月と雲の帯留め」。

私は ”星空” より ”月夜” が好きです。理由とかありません。 お月さんがキレイだと うれしくて キュンとなります。

”雲” は音読みで[うん]ですが、中国語の発音を表記すると[yun]だそうで、私のマークとして篆刻(ハンコ)に使ったり サインがわりにしてます。

私にとって そんな存在の「月と雲」。

|

ゴスロリ??

Sn371149教室のお稽古の日。

赤地に黒の総レースのような柄 ウール×黒地の織り出し市松とユリの紋章柄 ポリ両面半幅帯

この日は雲行きが怪しかったので雨対策の装い。 キモノは厚手のウールでちょっとふんわり温か。キモノ地ではないモノで 仕立てられてると思います。柄もかなり面白い。(※ 衿のアップ画像で柄がよく見えますよ。)

羽織は正絹しか持ってないので、フェイクファーのとんびケープ。Sn371150 これなら濡れても大丈夫。このケープはヤフオクの”ゴスロリグッズ”のサイトで購入 (⌒_⌒;  「ケープ」で検索してたらありました。

私は雨コートは着ません。好きじゃないです。 アレ着るくらいなら洋服を着ます。

帯周り。帯の上を折り返して裏の柄を見せてます。帯締めは銀・黒のジャラジャラ帯締め。コレ新作。 帯揚げは桜色、コレ失敗でした (_ _|||) 浮いてる。 根付けに葵の透かし。コレはお知り合いのアクセサリー作家さんが作られたモノで、つい先日 買ったばかり。この日のキモノの柄に似てるっ!Sn371158 と思いつき、上の全体画像では付けてないんですが 急遽ロックオンでございます。

帯結びは ふんわりが重なってる感じで適当に。裏のユリの紋章も見せてます。けっこう柄が激しいので、全部柄にしちゃうと うるさくなり過ぎます。Sn371161

衿は ブラウンゴールドのサテン地に黒レースのポイント付き。

うぅ~ん、やっぱり全体に見ると[ゴスロリ] の Sn371151“ロリ”の要素は無いけど[ゴシック]ではあるかもね?

ゴシック+ロリータ= ゴスロリ ですよね? なんか新語できそう… 和+ゴシック=和ゴシック

そのままかぁ? (´∀`; ・・・

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »