« 足るを知れない… | トップページ | 作り出すひと。 »

足るを知れない のつづき

Dcf_1470エドコロモ展示会に行った日のキモノ

赤地に洋唐草 付け下げお召し×緑地に柘榴・牡丹・椿の柄 名古屋帯×ベージュ地に赤・緑・黄色の松柄 綸子長羽織

去年の秋・冬は わりと黒羽織と男モノ羽織ばかり着てたんですが、今年はナゼか柄羽織が着たい気分。

この日は やけに温かく、Dcf_1472巻物も長手袋もいらなくて キモノと羽織だけで過ごせて 気持ち良かったワ♪♪

Dcf_1474帯周りは、金銀の平組帯締め。帯揚げは茶系の万筋。 帯の柄が華やかだし、羽織ヒモがあるので あっさりです。

帯結びは、年に数回の 稀少なお太鼓結び。

羽織を脱がないなと思って。羽織の着姿がキレイなのは やっぱりお太鼓なのです。

衿は、黒地にカラフルなDcf_1471花唐草柄の古裂ちりめん。Dcf_1475

|

« 足るを知れない… | トップページ | 作り出すひと。 »