« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

嘆くまえに

最近 いわゆる「景気悪化」のせいか、苦境に立っている人に接することが多くてそれで なんか見えてきたことがあるんです。

転んでも つまづいても 不公平や環境を嘆くまえに
今やれること 出来ることを やる人と そうでない人がいること

ワタシは前者でいたいな。
自分の中に 苦境を突破するチカラがあるって 信じたい。

とは言っても、ホントに 前に進めなくなってる人に
「大丈夫 なんとかなる」 なんて 無責任なことは言えない。
まして 「ガンバレ」 なんてゼッタイ言えないよね。

だからこそ 自分がやるべきことをやって 笑顔でいることで 応援したい。
ワタシはそういう人に出会えてチカラをもらってこられたから、Dcf_1596ワタシも そうでありたいと 心から思うのです。

でも やっぱり ごく少ない友の前では たまに嘆くことあるんですがね (‐”‐;)

話 かわりますが、「不景気」という言葉を使うのが 嫌いです。

今でも日本は充分に裕福な国じゃないですか
それじゃダメなんですかね?

病は気から だと思うのです。

Dcf_1623_2

|

和の匠

Dcf_1610トッポヰに行く時 持って行った”おもたせ”

ウチの駅前の和菓子屋さんのモノです。

裏うめ  たちばな  松  鶴 

このお店のセンス好き♪ 味も好しです

裏うめの意匠は 家紋やキモノにも使われるんですが、お花を裏返しから見て愛でるって 日本以外でもある感性なのかしら?

Dcf_1611鶴を どう見るのか分かんないけど、なんかかわいいウサギにも見えるような気がしたり…

それとね トッポヰ店主 朱寧さんが尊敬なさってる 書家の方がデザインされた茶筒が飾られてて、とーってもステキでした☆ 書も色遣いも。

ワタシも”書”を書きますが、こんな遊び心あるステキなモノは 書いてみたいけど 書けないなぁ。

って、素人が匠に対抗するもんじゃないですよね (⌒_⌒;

Dcf_1612Dcf_1613_2

|

お宝市に行く。

Dcf_1604トッポヰ”に行ってきました。 在庫一掃のお宝市を開催中。

展示中のイベントも面白かったですよ。 最近いたる所で見かけるんですが、モビールって流行ってますか? ガチョウのモビールがかわいかったな♪

Dcf_1617

Dcf_1607

店主の朱寧さん 仲良くさせて頂いてるんですが「冬には いつもコレ作るんです。」と言って、焼きおにぎりを石油ストーブの上で焼いてくれました石油ストーブの上にヤカンを乗せて、傍らでおにぎり炙る光景。 なんかたまんなく イイんですよ

そして、その焼きおにぎりを お茶づけにして戴きました。 とても冷え込んだ日だったので、腹の底から温まりましたワ (*^▽^*)

Dcf_1606Dcf_1608

Dcf_1598この日のキモノ

クリーム色地に黄土色・赤・緑の抽象柄 お召し×エメラルドグリーン地に椿 名古屋帯

この冬 椿の帯を締めてなかったなと思い出し、そこからのコーデ。 この帯は 大のお気に入り、 ぽってり感のある花ぶりが とても好みなのです。 ワタシが持ってる帯の中では、最高クラスの価格。

帯周りは、山吹色の帯締めに 古裂で作ったくるみボタンを帯留め代わりに。 Dcf_1600帯揚げは朱色の鹿の子絞り。 根付けはキラキラの蝶々。

Dcf_1599帯結びは、お太鼓結び。 変わり結びもやってみましたが、この帯の柄を良く見せるには お太鼓が一番いいという結果になりました。 最近 帯の柄を見せるには「やっぱりお太鼓かぁ」と考えが変わりつつあります (-_-)・・・

衿は、深緑の無地に 黒に金のバラ柄ボタン付き。  オレンジ色の伊達衿をはさんでキリッと。

防寒は、黒の別珍コートに豹柄のフェイクファーケープ。 Dcf_1601この冬は柄羽織がマイブームなんですけど、しばらくは寒すぎて別珍コートしかムリだわ。

赤のベロア長手袋とバッグで引き締まるでしょ?Dcf_1602

|

食べたーっっ!!

お祝いごとがあって ご馳走を食べにお好み焼き屋さんに行きました。

Dcf_1567「お好み焼き屋でご馳走?」と思われるでしょうが、そのお店は鉄板焼き屋さんでもありお肉系はもちろん イケスがあって鮮魚も美味しいのです。

ナニを食べても美味しくて、せっかく鉄板焼き屋さんなのに ついナマモノとかで頼みすぎちゃって、お腹がふくれて焼き物とかまで食べられないDcf_1568時がある…。

この日も、ナマモノを注文しまくっちゃった。

でっかい生カキ

つるんつるん プチプチの のれそれ

温泉卵に甘~いウニのせ

とろけるレバ刺し

どれもこれも Dcf_1564美味しゅうございました。  なんかスミマセ~ン 贅沢しちゃってぇ~ (*^~^*)ゝ

さらに、ハラミとホルモン炒めとネギ焼きとそば飯も食べちゃった。

ワタシどこまでだっっ!!Dcf_1565

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

お知らせがあります。

日曜日のみだったパルファム倶楽部での 着付け基礎講座が土曜日にも開講することになりました。

詳しくはコチラ ⇒ パルファム倶楽部(土曜クラス)

○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*

|

キモノの決まりごと。

今日のワタシ ちょっと語ります。 m(_ _)m

教室や講座に来て下さる方から とても多く質問されること

「このキモノにはどんな帯を合わせればいいんですか?」

「この履物はどんな時に合わせるんですか?」

「こういう時はどんな小物を使うんですか?」

ワタシは 「自分がイケテると思ったら なんでもいいです。」

「自分がかわいいと思ったら なんでもありです。」 と答えます。

突き放してる訳ではなく、本当にそう考えています。

だって、服を着るってそういうことでしょ? 洋服だとか和服だとかカンケーない。 自分のセンスで 自分の着たいものを着る!!

”キモノには決まりやルールが多い” という考えを抹殺したいのです。

でもね、伝統的なことや マナーをないがしろにする気は 全くありません。 むしろDcf_0307_3大切にしたい。

「古き良きものを大切に 古臭い考えは捨てる」が信条。 コレは尊敬する ある人の言葉です。

アンティークキモノの細工に感動して、それを身に纏う幸せ。 だからといって時代錯誤のルールや主流を守らなければならないとは思わない。

マナーとは、相手や環境があって初めて生まれるもの。 個人的に着て出かけるのにマナーは存在しません。

でも、つまり、マナーが必要な場所に行く時は 守るべきことがあると思います。 それは キモノマナー本を1冊持ってれば充分わかること。

堅苦しく考えるのではなく、相手や周りへの配慮や思いやりから生まれるものだと思うので、その感性は大切にしたい。 しなければならないでしょう。   それ以外のときは…

寒い季節には温かい素材を使いたくなるし、羽織るモノも必要になる。 夏にファーや毛糸は見たくないし、シースルーな透け感のあるものがステキだと思う。

春には桜を愛で、夏のヒマワリに元気をもらって、秋の落ち葉に淋しくなって、冬の雪を美しいと思い、また春の温かさが恋しくなる。

その感覚さえあれば、和服だ 洋服だ カンケーなく 自分のセンスを信じてオシャレすることを思いっきり楽しめばいいのですっ♪♪

自分を信じてススメッ!! GO GO キモノ女子 (o*^O^)o

|

ベロ火傷

先日 卓上電熱コンロでチーズフォンデュやりたいなと書きました。

いい感じに出来ましたわ♪♪

でもね~ チーズフォンデュって美味しいんだけど…舌をヤケドするんですよねぇ。注意してても ちょっと油断するとやっちゃいます。 やっちゃいました (*_ _)

Dcf_1584ワタシは特に猫舌なもんで。

舌をヤケドすると、その後ナニを食べてもおいしくなくなっちゃうし ホント嫌っ!

ヤケドせずにチーズフォンデュを食べられる人っているのかしら? コツがあったら教えてもらいたいワ。

|

衿でキメる☆

パルファム倶楽部の講座の日 この日のテーマは「衿をキメる」

ワタシは、キモノの着姿の決め手は 衿の仕上がりだと思っています。 衿の角度がビシッと左右対称で、開きすぎず詰まりすぎず、Dcf_1592衣紋が抜けてうなじがスッキリ Dcf_1593というのが理想。

でも、なかなかそうはいかないもので。 そこの辺りを集中講座。

体形やサイズが ビミョーに仕上がりに影響するんですよね。 補正の具合も大切なんです。

それと同時に、伊達衿の付け方も練習してDcf_1595みました。

Dcf_1594キマッテルでしょ?

Dcf_1585この日のワタシのキモノ

黒地に猫柳と粉雪 ポリ付け下げ×紫地に銀と青の花の丸 名古屋帯

雨の予報だったのでポリにしました。 この付け下げ 猫柳に粉雪という季節限定の柄行で つい着逃してしまうので、こんな時こそと着てみました。

Dcf_1589帯周りは、ジャラジャラ帯締めと コバルトブルーの花菱柄のスカーフを帯揚げに。 このスカーフ百均です (^_^)v

帯結びは、お太鼓の上に羽根が2枚かぶるの

Dcf_1586衿は、豹柄のファー。冬限定のあったか素材。

防寒は、濡れていい羽織を持ってないので別珍の黒コート。衿に合わせて豹柄の長手袋。Dcf_1590Dcf_1591

|

通ってます。のつづき

Dcf_1574となりの駅のカフェに行った日のキモノ

赤と黄色の大菊づくし 絞り柄 ウール×卵色の無地 繻子昼夜帯×黒地に紅白梅・白椿の柄 綸子羽織

冷え込みの厳しい日でした。この羽織には全体に薄く綿が入っていて とってもぬくぬく。 デザインも大好きです。 もっと着たいんだけど、袖丈が38cmと エラく短いので 合わせられるキモノが少ないのが悩み (‐”‐;)

帯周りは、帯の上を折り返して裏の黒地を出してます 黒・茶の縞の帯締めに 帯留め無しです。羽織ヒモがくるので。 Dcf_1572それと、羽織を着てるとほとんど見えないけど ポイントの葉っぱブローチとカラフルドロップスをジャラジャラと。 チラリズムです。

帯結びは、角出し。見せるつもりなら もうちょっと裏の柄も出して華やかにするんだけど、羽織を脱ぐつもりなかったので抑えめ。

衿は、山吹色の無地ちりめん。Dcf_1573

Dcf_1571

|

通ってます。

先月「通います」と断言した、となりの駅前にあるカフェに行ってきました。 今回は、ご近所の友人 帽子作家エドコロモさんと一緒です。

Dcf_1575オーダーする帽子の詳細を打ち合わせながらのランチ。望みを好きに言わせてもらいましたワ。 ふふふ、出来上がりが楽しみ♪♪

ネギの焦げ目がおいしそうでしょ~。 ⇒ 柚の黄色もそそられます。 ワタシは違うのを注文したんだけど、こっちの方が良かったかなと シンプルな和食の良さを再確認。

エドコロモ嬢とゆっくり話すのは久しぶりで、いっぱいおしゃべりしているとノドが乾いたので ランチセットにも飲み物ついてたけど、追加でミックスジュースを注文しちゃいました。 大きめのグラスにたっぷりと。

「チューッ」と思いきり吸うと ノドも心も潤うのです。 子供の頃からミックスジュースって特別な存在だったな。 ナゼかテンション上がる 魔法の飲み物☆

落ち込んだら ミックスジュースいかがでしょう?

Dcf_1576Dcf_1577Dcf_1578

Dcf_1579この日のエドコロモ嬢はキモノ。 真っ青なポンチョにエドコロモ帽。 かわいらしく自分に似合うモノをお召しでした。 ナイス ハイカラッ!!

カフェを出た後は、苦楽園の「ギャラリー 6C」さんへ

気になる絵の個展が開催されてたからです。

ステキな絵でした。 すべて花の絵で、明と暗のコントラストが強く 夏の日差しの中に咲いているようです 迫力のある花でした。

詳細はコチラ⇒ galerie 6C

Dcf_1583この日のワタシのキモノの詳細は後日…

|

お餅とおコタ。

この連休中に 毎年恒例 ”はるひ” の餅つき大会があったのですが、参加できなかった (T-T ) 体調不良と あまりの寒さに負けました。 

つきたてのお餅っておいしいんですよねー。 なめらかでもっちり伸びる あのお餅食べたかったなぁ~ (。・_・。)

それで、なんか悔しくて ウチでおコタに入りつつ かきもち炙って食べました。

この卓上電熱コンロは、昨夏に川西の「家ie」さんで手に入れたモノ。 この冬、 わが家でかなり役立つ存在となっております。 するめ炙ったり、お茶のさし湯を 置いたり…。 まだやってないけど、チーズフォンデュに使いたいなと企み中。

Dcf_1562かきもちを炙っていると、バルコニーのガラス越しに、雪がチラつくのが見えました。

おコタに入って お餅を炙って 雪を見る。 日本の冬をしみじみと。

それにしても、お正月以来キモノ着てないな (^^;)

|

懐かしの水玉。

2年ほど前 あるイベントで、この湯のみ・急須・お茶碗が使われていました。↓

子供の頃から、お葬式や集会の時に どこかのお寺や公民館で見たことのあるものでしたが、急に懐かしくってカワイイなぁと思えて欲しくなっちゃいました。

Dcf_1561そして、探して購入。 お茶碗もあります。

以外と売ってるところが見つからなくて苦労して手に入れたんですよ。

せっかく買ったんですが、この急須デカすぎてウチではほとんど出番がありません (⌒_⌒;

ドラマ「時効警察」では、オダギリジョーが一人で使ってましたが。

寒い季節に3人以上の客人が来てくれたら使うんだけどな。

収納にはかさばって 役立たずのクセに、 カワイイやつなのです。

|

好きな光景。

Dcf_1514神戸高速鉄道の花隈駅をご存知でしょうか?

ココのホームに並んだベンチが、とても好きです。

利用者がそう多くはない駅なので、ちょっと寂しさが漂う空間にある カラフルなベンチ。

不思議な存在感。

閉園後の遊園地と 同じ印象を感じます。 そんな感覚 分かっていただけます?

Dcf_1516Dcf_1515

|

お正月のキモノ。

Dcf_1543お正月に着たキモノを紹介しておかないとね。

深緑地に菊唐草柄 お召し×白地に薬玉柄 袋帯×ベージュ地に緑・赤・黄の松柄 長羽織

親戚のおウチにご挨拶に行った時のキモノです。お正月だから もっと華やかなキモノでも良かったんですが羽織にパンチがあるので これくらいにしておきました。

やっぱりキモノで訪ねると 喜ばれます。

帯周りは、金銀の五分帯締め 帯揚げは茶系の万筋のちりめん。帯の柄がとてもカワイイので、Dcf_1539それを邪魔しないコーデです。

Dcf_1541帯結びは、お太鼓。 年に数回しか結ばないのに 元旦いきなりお太鼓です。 車の運転するんだったDcf_1540のでね。

衿は、ライムグリーン地にオレンジのバラ柄レース。Dcf_1549

|

こんなお正月。

皆様 どんなお正月でしたか?

ワタシは多くの方がそうであるように、親族で集まり おいしいモノを食べ 初詣に行きました。

Dcf_1547Dcf_1548

Dcf_1551Dcf_1552

甥っ子ちゃんの引いたおみくじに「凶後吉(きょうのちきち)」って書いてありました。初めて見た! そんなのあるのねぇ。 なんか「くもりのち晴れ」みたいな?!(笑)

近ごろの露天の出店には、シャレたものがありますね。 チョコレートタワーがあって、フルーツに自分でチョコを絡ませるのね。 子供ちゃん達は夢中♪ オトナでもかなり魅力的だと思うワ。

ワタシは、実家にてカニをほおばって幸せぇ~ (´▽`) 正月太りは免れませぬ。

Dcf_1555Dcf_1537

|

感激!!☆ 感動!!☆

聞いてくださーいっ!!

年末の”冬フェス”にJUN SKY WALKER(S)が出演するのを知って、チケット取って行ってきました ♪(o=゜▽゜)ノ

年末の予定を決めた後に チケットが取れることが分かって、どーしても観に行きたかったので ムリヤリ予定を変えて都合をつけました。 

急だったので一人で行くつもりでしたが、姉に話したら「エーッ私も行きたい!」と、そして義兄も、さらに義兄の姉もとなって、全員30代半ば バンドブーム世代の 親族4人で行きました(苦笑)

始まるまで ちょ~ワクワク。 タイムテーブルの名前を確認しただけで、もうテンションあがる あがるっ ↑↑

Dcf_1520Dcf_1530Dcf_1533

そして、ライブの中身は「サイッコーー!!」 しかも、なんと、最前列で見れたんですっε=ε=(ノ≧∇≦) 涙もの! もぉぉー カンゲキ~☆☆☆

ライブ後、ヴォーカル カズヤが着てたTシャツを投げて キャッチした人が周りに記念撮影されてて、ワタシも便乗。 みんな触って嗅いだりして、汗でビシャビシャやのに「無臭だー」とか言ってるのがオモシロかった。 カズヤは42歳でも加齢臭はないようです。 なんかスゴイね (’∇’*)

Jsw1_3ワタシは”フェス”初体験だったんですが、フードエリアというのが 学園祭の屋台 みたいで コレも楽しめました。

多国籍な料理があったり、人気店のも。 「焼肉たむら」は行列に並ぶの断念。 タコライスとエジプト料理のケバヴを食べました。 良い年末となりました♪

Dcf_1525_2Dcf_1526

|

新年のご挨拶。

Dcf_1517明けましておめでとうございます☆

今年もよろしくお願いします。

良い年になりますように (゚▽゚*)

良くない年だったこと 今までの人生で一度もないですけどね。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »