« 夏・めがね | トップページ | アメの日には… »

夏・めがね のつづき

Dcf_2203「めがね」鑑賞会の日の浴衣

濃紺地にイチゴ色と水色の鉄線花 浴衣×生成り地に藤色の独鈷柄 博多半幅帯

浴衣は母から譲ってもらったもの。 いろいろ買っても、この浴衣がけっきょく一番好きです。

めがね着用で参加ということになってました。簪と色を合わせてます。

帯周りは、ブロンズ色の革ヒモ帯締めに 金魚の帯留め。 浴衣の時はあっさりスッキリが好きです。

百貨店の浴衣売り場のディスプレイの、ふわふわごてごてコーデを見ると、げんなりします (_ _|||)

帯結びは、角が下にくる感じの割り角出し。 ”粋にルーズ”を狙ってます。

Dcf_2205Dcf_2204

Dcf_2223めがねを持ってないからってことで、ラッピング用のヒモで作った 手作りのめがねで参戦の青空カフェさん。

バッチリ似合ってしまう個性がステキ☆

|

« 夏・めがね | トップページ | アメの日には… »