« 二月大歌舞伎。その壱 | トップページ | 重い帯。 »

二月大歌舞伎。その弐

P1000537歌舞伎に行った日のキモノ
深緑・ピンクベージュの縞 お召し×緑地に牡丹・ざくろ・梅・椿の柄 名古屋帯
キモノは定式幕に色目が近いのでコレを選びました。帯は2月ってことで、梅が入ってるので選んだんだけど、この日の演目の最後で梅と椿がストーリーに出てきてちょうど良かったみたい。

羽織はベージュにカラフルな松柄の綸子。華やかでも上品さがある羽織で、歌舞伎観賞なんかにもってこいなヤツ。

帯周りは、バラ色に黒フチの帯締めに、帯留めは苺アメみたいなガラス玉ブローチ。帯揚げは、山吹色のちりめん。羽織ヒモも山吹色。羽織ヒモを含めてのコーディネートバランスです。

帯結びはお太鼓。長時間の観劇には、お太鼓がもたれやすくて一番。

P1000539_2P1000534

P1000541衿は、黒地に梅の刺繍の羽二重。
この日の演目のヒロインが、黒地に紅白梅の刺繍の振り袖で登場したので、コレもグッドチョイスだったみたい。

|

« 二月大歌舞伎。その壱 | トップページ | 重い帯。 »