« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

春野菜の会。・o* あと書き

お忙しい中 参加して下さった皆様、ありがとうございました。
楽しんで頂けてたらいいのですが…。

イベントを通して皆様が、キモノ友達を見つけられたり、情報を交換されたり、少しでも視野を広げられるお手伝いが出来ればうれしく思います。

ワタクシ、かわいいキモノ女子達に浮かれてしまい、もし皆様への配慮に欠けていたことがありましたら、申し訳ありませんでした。

その後 店主より連絡がありまして、今回の試みは初めてのことだったので、
お料理の、質や量にご満足頂けてたのか心配されてました。
ワタシは大満足だったのですが、皆様どうでしょう?
もしよろしければ、感想など聞かせてください。

ご満足いただいてましたら、夏の浴衣の季節にも開催予定です☆
お料理のリクエストも出来るので、希望があれば聞かせて下さい。

P1000654

|

春野菜の会。・o* その参

P1000631春野菜の会の日のワタシのキモノ

紺地に橙色のくす玉柄 お召し×タマゴ色地に蝶々と牡丹の柄 昼夜帯

蝶の帯ありきで考えたコーディネートです。
春らしくって大好きな帯で、重かったので帯芯を軽くて柔らかいモノに自分で替えました。
そのおかげで、結びも好きにできるし、全通柄をフルに活かせます。

帯周りは、生成りにカラフル縞の帯締めに、白いバラのガラスの帯留め。白地の絽に朱の水玉柄の帯揚げ。帯の蝶に刺繍と金駒が施されていて、コレを邪魔しない程度の感じに。

帯結びは、ひらひら重なる感じのオリジナルの結び。ホントは蝶をメインに出したかった(^^;)
この結びの名前がなかったのですが、「かさねがさね結び」って名付けちゃダメかしら? エドコロモちゃんの「かさねがさね帽」からパクってる気はないんだけど、間違いなく影響を受けてますねぇ。やっぱりダメかぁ…。

P1000633P1000636

P1000637衿は、珊瑚色のちりめんに手鞠の刺繍。山吹色の
伊達襟を挟んで、ちょっと豪華めに。

アタマもおしゃれしてます。
エドコロモちゃんにフルオーダーして作ってもらった
ヘッドドレス。 アネモネに羽根をあしらってあります。
色から細部まで、とても丁寧に作ってくれました。
好みの色で作ってもらっているので、自分のワードローブに不思議なくらい自然とマッチして、とても使いやすい。

P1000641_2

|

春野菜の会。・o* その弐

参加者さんの装いをご紹介します。

P1000665帯の花柄とレース羽織が優しい雰囲気で、お手製だという帯留めと羽織ヒモがとても乙女チック☆
帯周りが ”はるぅ~” のコーディネート。
チョコ色の帯締めも大正解ね (゚ー゚)b




P1000667_2コチラはいつもお宝を披露して下さる方で、このおキモノは先日一緒に行った「かぐや」さんでゲットしたもの。
ゴシックな影絵のような柄の付下げで、プチプライスでいいもの見つけられてます
淡い青鼠の地色に、ゴシック柄がインパクトあってカッコイイです。






P1000687バラ柄の羽織に、バラ柄の箱バッグ、バラの帯留め、撮ってないけど草履の鼻緒もバラ刺繍で、バラ尽くしコーディネートさん。
女の子は絶対バラ柄好きですよね。
オリエンタルな色使いを上手にまとめられて、個性的なコーディネートに仕上がってます。
キモノの柄も、とてもかわいく凝った柄行でした
キモノのオシャレを楽しんでいるのが伝わってきます。



P1000646抽象的な草花のブロック柄になった銘仙です。
全体にトランプをイメージさせるような色使いや柄行じゃないですか?
大胆な構図でロックな感じですが、レースショールとコサージュで、グッと春らしくなってます。

最後に、ブレて見えにくい画像なんですが、絵羽模様になっている大島紬という珍しいお品を着ておいででした。確かに上前の柄がキレイにつながってますよね。 素晴らしい日本の手仕事です。
生地も柔らかくなめらかな手触りの上質なモノでした

P1000688

|

春野菜の会。・o* その壱

P1000652東灘区の青木駅前にあるお店で
「春野菜を楽しむ会」を開きました。
ワタシが永らく通う、ステキなご夫婦の小さなお店で、貸し切りパーティーです。

普段から丁寧なお料理で、素材を大切にしたホッとするお味の美味しいモノが盛りだくさんなのですが、今回ワタシから店主に「春野菜が食べたい!」とリクエストしました。

P1000651

筍・蕗・菜の花・山うど・こごみ etc. 
ほろ苦かったり、甘かったり、青い風味だったり、春の香りを満喫しました。
とくに、筍と菜の花 美味しかったなぁ♪

P1000660 P1000666

春のお味が満載でしたが、キモノ女子たちも負けずに 春らしく華やかな装いで
ステキでしたよぉ☆
ワタシも、食べるのとしゃべるのとで忙しく、あまり撮れてないんですけど…撮ったけどブレてたり…。 スミマセン。

P1000648_2

P1000658 P1000653

P1000661 P1000676

勢揃いすると壮観でしょ?
かわいいキモノ女子に囲まれて、ホント幸せでしたわぁ (*^-^*)
ワタシが一番楽しんでると思うんですよね。いつものことですが。

P1000670 P1000681

つづく…。

|

これぞアンティーク☆

着付けのご依頼をいただきました。
ウエディングの二次会にご参加とのこと。

最近きものに目覚められ、中崎町の「雛(ちゃな)」さんで一揃えを購入されたそうです。 さすが雛さん、ステキな商品を置いていらっしゃるんですねぇ。
「これぞアンティーク!!」といった、素晴らしいおキモノと帯でしたよ。
なんたって、構図と配色がすっごく大胆。ワタシも大好物の感じです。
二次会で目を引くこと間違いナシね!

P1000614_3P1000615_2

P1000616キモノの柄は、スイセンにも見えるけど
あやめかな?
帯は唐獅子と法相華。
刺繍が細やかで凝ってました☆
ただ、やっぱり古い帯の特徴で
重かったぁ (^-^;
お疲れ出てなければいいのですが。

|

ハルの足音。のつづき

P1000587パルファム倶楽部の講座の日のワタシのキモノ
白地に黒・グレーのあられ柄 ポリ×紺地に桜とスズメの柄 昼夜帯

春っぽさを入れつつも、雨の予報だったのでポリのキモノに足下はブーツで雨対策。
駅の階段でオバサンに「やっ、靴はいてやるワッ。」
って、聞こえるように言われました (-_-)
言われ慣れてますけど、声大きいですよオバサン。

帯周りは、生成りにカラフルブロックの帯締め。水色のガラス玉ブローチを帯留めに。帯揚げは差し色でアクアブルーのちりめん。明暗つけつつ同色系でまとめました

帯結びは、角出しの変形。
この帯 ちょっと柄の付き方がヘンで、ちゃんと柄を出すのにイロイロ工夫した結果こんな結びになりました
詳しく説明しませんが、ホント意味わかんない柄の配置なんですよ。なんでだろ?

P1000595_2 P1000596

P1000597衿は、スモーキーなピンクと緑のストライプ柄の綸子ハギレ。 帯の色調とピッタリ合うんです。

講座に行く前に、ハニカムブックスにお邪魔しました。
プリザーブドフラワーなどのお花の展示をしていました

深田ちひろさんという作家さんの作品で、歌い手さんでもあります。
何度かお会いしたことがあるのですが、作品のイメージのまま、ご本人もとっても可愛らしく柔らかい雰囲気のステキな女性です。
憧れるけど、ワタシには一つもない要素の ”乙女オーラ” を感じます。

飾ればヨーロッパの空気に包まれるリースやブーケ、コサージュなんかもありました。コサージュはキモノにも合わせられそうね。 
3/29 まで開催してるみたいなので、興味のある方はハニカムブックスへ☆

P1000601P1000598

P1000599

|

ハルの足音。

P1000609_2パルファム倶楽部の講座の日
キモノと帯を通してのお稽古のお二人でした。

紺色の帯の方、赤い柄はスズランです。
帯の画像を撮り忘れちゃったんだけど、大胆な配色と構図で個性ある帯でした。
ぜひ お見せしたかった…なんで忘れたんだろ?
(ノ_-。)

バラ柄のキモノと帯の方。
春らしい柔らかい雰囲気のキモノに黒の帯がピリリと締まっていいバランスです。
衿の黒も効いてますよね。
着姿もすっきりキレイな仕上がりでしょ?
残り一回で基礎コースを修了されます。
もう大丈夫そうですね。

P1000612 P1000613_2

この日 西元町のカフェ・ハルさんに寄ったら、お店の前で育ててた桜が咲いたとのこと。  ふふふふふ (*゚ー゚*)

ハルの足音がしっかりと聞こえてきましたよ。
ねぇ、おとぼけ店主 ↓

P1000606P1000605

手作りチーズケーキ美味しかったです。

P1000604

|

春の味覚。

P1000586自宅でのお稽古の日
キモノ・帯を通してのお稽古でした。
こちらの方、最近キモノのステキさに、物欲が急上昇中だそうです。
買ったばかりの半えりと帯をお持ちくださいました。
春らしい爽やかな仕上がりです。

この日、春の味覚を食べに行きました。

竹の子です。

昨春までは、そんなに竹の子ってワタシの中ではごちそうで無かったんですが、あるお店でいただいてから「こんなに美味しいものだったのかぁ?!」て目からウロコが落ちて、それから大好きなんです。
もりろん今回もそのお店に行きました。

美味しかったぁ(*^.^*)
甘くて、歯ごたえがサクサクして、青い香り。
いくらでも食べられるわ。
桜鯛も付いてきました。 うふふふ♪

P1000583

そう言えば 近所のサンクスとローソンが、看板の照明を大震災に関わる節電ということで消していました。
関西電力管内が節電しても何の関係もないし、町が暗くなって景気が落ち込みそうだからやめて欲しいなぁ…。 間違った支援の典型ですね。
浮いた電気代を義援金にするのかな? それなら賛成ですけど。

|

心配。

震災から一週間、テレビを見ていて心配になることがあります。
被災者の皆さん、がんばり過ぎないで欲しい…。

日本人はガマン強くて、遠慮を知っています。
そのせいか、テレビカメラを向けられると泣き言も云わず
「生きてるだけ良かった}
「みんな同じだから」
「もっと大変な人がいる」
「大丈夫、負けません」
といった、コチラの方が勇気づけられる言葉。

日本人を誇りに思います。
日本人で良かったと思わせてくれます。
ありがとうございます。
世界も絶賛しているそうです。
東北のひと、強いです。

もしかしたら、泣き言は報道されないだけかもですが、ホントに励まし合う気持ちが強いんだと思うんです。

でも、心配です。
ツライこと 悲しいこと、がんばり過ぎて溜めないでくださいね。
心のバランスを崩してしまいます。
「がんばって」「負けないで」って言われ疲れたでしょ?

「負けないで」って言われれば「はい、負けません」と答えるのが日本人。
でも、負けそうなら「負けそうです」と答えてもいいんですよ。

リポーターの人、不用意にガンバッテって言わないでください。
悲しければ泣いてください。ムリして笑わないでください。
周りに疲れた、ツライって話してください。
大丈夫です、日本中がちゃんと聞きますから弱音吐いてください。

急がなくても、立ち上がれる日は絶対きます。
泣いて、わめいて、ツライこと出し切ってからでいいです。
どうか がんばり過ぎないで!

ワタシは、「応援します」「助けになりたいです」 の気持ちと言葉で。

|

惨状を見ること。

テレビの報道に釘付けの日々が続いています。

「宮城県で2000人の遺体見つかる」という報道を聞きました。
民放各社の番組どこを見ても、ご遺体の映像は映っていません。
今の日本では、やっぱりコレが当然なんでしょうか?

字や言葉で「2000人の遺体」と見聞きしても、想像力が足りないせいか実感がなくて。
もし映像で見れば、ショックな映像であることは間違いありません。
だけど、晒し者にしようということではなく、現実を知りたい。
現実の惨状を知りたいと思うのは、おかしいですか?

被災者やご遺族の気持ちを理解するなんてムリでしょうが、現実の惨状の映像によって共有したいと思うのです。 その恐怖と悲しみを共有したいのです。
救出された感動の映像だけでは現実は伝わらない。失われた命も伝えて欲しい。
阪神大震災の時にも感じたことです。

目をそむけたいことだけど、現実を映すことに報道は勇気を持って欲しい。
こたつに入って温かい食べ物をお腹いっぱい食べてる平和ボケしたワタシに、
嗚咽するほどの恐怖と悲しみを届けて欲しいんです。

現実を知ることで、義援金も、支援物資も、ボランティアも、節電協力も、復興支援も、国家の防災対策も、行動につながると思うから。

|

悲しいできごと。。。

とても悲しいことが 起こってしまいました。
胸が痛みます。 言葉に詰まります。
今は一人でも多くの方の救出を、見守って祈るばかりです。

P1000579ワタシにナニが出来るのかを きちんと考えよう。

そんな中、自宅でのお稽古がありました。
一日中テレビの報道に釘付けでしたが、重い気持ちのままのお稽古でした。

「七緒」などを参考に、ご自身で勉強されて着てらした方なのですが、この日初めてキモノのお稽古をしました。 お稽古の後は、
「自分で着てた時と全然ちがうーっ!」と喜んで下さいました。 スッキリ着られましたね。

ワタシのキモノ
黒地に白の角通し お召し×濃い紫無地 半幅帯

なんとなく派手な色目を着る気にはなれなくて、地味目なコーデです。ウチなので、いつも通りそこそこな感じで。


P1000572_2P1000575

P1000573P1000576

|

春雨。。。

P1000564パルファム倶楽部の講座の日

初めてキモノ・帯を通して着てみるお稽古でした。
この時が、一番しんどいんです。 ひどく長い道のりに感じられて、ココロが折れそうになりますが、ココを越えられれば習得したと言えます。ひとガンバリが必要なのです。
がんばって下さった結果、見事な仕上がり。
春らしいキモノで、ご本人の雰囲気にもピッタリ。

P1000566

この日のワタシのキモノ。
なす紺色地に金糸の花唐草 お召し×生成り地に鉄線花 昼夜帯

この日、天気予報は曇りでした。
がっ、降ったんですよ! しっかり降ったんです…。
春らしい小雨がしとしと、ずっと。羽織りはアンティークだし、ぜっんぜん雨対策してないからホント焦りました (>д<;)・゚゚・
一番困るのが、かかとの跳ね上げ。草履だと、普通に歩くだけで足首辺りに跳ね上げが飛んでくるんですよね。気をつけても防ぎきれません。
とにかく、パルファム倶楽部で傘を借り、出来るだけ屋根のあるところを選んで歩き、かかとを引きずるように歩き、耐えました (。-_-)

P1000559P1000560_2

帯周りは、紫にピンクのフチの平組帯締め。帯留めはフランスの飾りボタン。帯揚げは茶系の万筋のちりめん。同系色でまとめました。

帯結びは、オリジナルでヒラヒラが重なる感じの。いい名前ないかなぁ。
季節外れの鉄線花ですが、色味がちょうど良かったので。

P1000561_2P1000558

P1000563衿は、シャンパンベージュのコードレース付き。

羽織のアンティークらしい大胆な柄。好きだわぁ。

P1000556

|

ついに食べたっ!

去年の夏から、食べたくて2度もお店に行ったけど食べられなかった ”ホビロン”。
ついに食べましたっ!
ホビロンは、半分孵化したゆで卵。
ベトナムの食べ物で、現地ではアヒルの卵らしいですが、ここのは鶏。

梅田にある「ビアホイ」というお店なのですが、今回たまたま急に行くことになり、注文してみたらありました☆
過去2回、わざわざ予約して行ってなかったのに、急に行ったらあったのね。
入荷が安定しないそうです。

で、感想は、ふつうに美味しい。
固ゆで卵と、鳥ささみを一緒に食べてる感じ。
好みでレモンやしょうがを添えるんですが、さっぱり食べられます。
「おっいしーっ!」とか言う食べ物でもなければ、クセがあるモノでもない。
「フツーにおいしい。」です。
見た目も、そんなにグロくなかったですよ。

Sn372413

Sn372415

|

重い帯。

自宅でのお稽古の日

キモノと帯を通してのお稽古の方。
アールデコ調の配色がとてもキレイなクジャク柄の帯をお持ちでした。
ワタシもクジャク柄は大好き♪
この日のキモノに良く合っていて、ステキなコーディネートでした。

次の方は、立派な袋帯での二重太鼓のお稽古でした。
最近の袋帯は軽くて張りはあるけど柔らかい、扱いやすいモノが多くありますが、ちょっと古い袋帯は重くてぶ厚くて…、でもステキな帯が多いんですよね。コレがそうでした。
扱いにくさを克服するしかないのですが、ワタシはよく帯芯を抜きます。
抜いちゃって頼りない時は、薄い不織布の接着芯を貼ります。かなり扱いやすくなりますよ。

P1000550P1000553

P1000546_2 この日のワタシのキモノ。
赤地にハケで描いたような黒い柄 お召し×白黒市松柄 木綿半幅帯

コレといって、まぁ。
おうちコーディネートですね。
ぶなんな感じです。
帯はお手製の半幅帯。
安売りの木綿地を買ってきて、両端をミシンでダァーっと縫っただけですけどね。カンタン♪

帯結びは片流し。




P1000549P1000547

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »