« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

アップ忘れ。

P1000755自宅お稽古の日のワタシのキモノをアップ忘れてました。
マリンブルー地に黄色・ピンクの花菱柄 ウール×
生成り地にバラ柄 名古屋帯

母から譲り受けたキモノです。
ワタシ大好きな柄行なんですけど、母がずっと若い頃にこの生地を選んで誂えたことを考えると、今の母からは想像できない趣味なんですが、不思議と同じモノを好きと感じるんですかねぇ。

帯周りは、ブルーグレーに紫の矢印柄の帯締め。
帯揚げはスカイブルーのちりめん。
ウチなんであっさり。

帯結びは、お太鼓の上に羽根が2枚かぶさるのん。オリジナルの結びです。
コレだとメイン柄のバラが隠れて失敗でした。
ウチだったので「ま、いっか。」ってことで。

P1000758P1000756

P1000759衿は、白羽二重にピンクのビーズにガラスボタン付き。

|

成果がメキメキ。

P1000760自宅でのお稽古の日
お稽古を始めて3回目の方です。
何回くらいのお稽古で、どのくらい着られるようになるかは人それぞれですが、3回でこれだけ着られたら充分ですね。
お稽古の成果がしっかりと表われてきてます。
完成まで あと一歩。
もう一踏ん張り 帯結びを習得すれば、キモノ生活が待ってます。











P1000762 P1000764

P1000765次のお稽古の方は、春先に買った訪問着のお稽古です。
アールデコ調の細やかな柄と、大胆な構図が素晴らしいお品。
帯はリアルな蝶柄で、キモノとの相性抜群に良いです。 春のお出かけに完璧な装いですね。

この柔らかい色目がとてもお似合いの方で、柔らかモノの攻略のお稽古。課題はおはしょりがモタモタするところの処理でした。
お稽古の結果、キレイに仕上がってるでしょ  ( ^_^)b

|

感謝を込めて。

祖母が亡くなりました。

子どもの頃、母が仕事の間あずけられたりして、とてもお世話になったおばあちゃんです。
優しくて、手先が器用なひとでした。
あばあちゃんが作る ”芋茶がゆ” が大好きでした。
素晴らしくステキなキモノや帯を、何枚も譲り受けました。

寂しくなるけど、悲しくはありません。
大正生まれの86歳、天命をまっとうして逝ったんではないかと思うのです。
二人の娘、五人の孫、九人の曾孫 
おばあちゃんの血は、受け継がれています。
モノを大切にする心を教わったワタシは、譲り受けたキモノを大切にします。

P1000738P1000744

ワタシの母と叔母。おばあちゃんの娘です。
ずっと前に、おばあちゃんが揃えてくれたという喪服を着るというので、ワタシが着付けをしました。見送る気持ちと感謝を込め、丁寧に。

|

華やか訪問着☆

P1000728この週末、続けて二つの素晴らしい訪問着を拝見できました。
お一人目は、購入したてのアンティーク訪問着で
今月末に結婚式&披露宴に出席の方。
柔らかモノと袋帯は初めてのお稽古でしたが、これだけ着られたら大丈夫です。

地色が青く写ってますが、アンティークらしい鮮やかな紫です。上前の牡丹の刺繍が迫力あります。
アンティークの素晴らしさが詰まった訪問着で、
見てるとなんだかありがたくなります (*゚ー゚*)





P1000729P1000727

P1000731お二人目は、ホテルの披露宴にご出席の方。
着付けを承りました。
はんなりした色合いの絞り染めが、大人っぽくて
ステキな訪問着です。

以前にも着付けさせて頂いていて、全然苦しくなく
ゴハンもたくさん食べられると喜んで下さってます
やっぱりパーティーなどではご馳走が出るので、
食べられるかは重要なことですよね (^_^)v










P1000733P1000732

|

敏感と鈍感。

あれから1ヶ月経ちました。

いま思うこと。
敏感過ぎることと 鈍感過ぎることの ナゼ?

東北・茨城県産の野菜などについて、
「子どもがいるのでやっぱり気にしますぅ。」と、
テレビのインタビューに答える主婦。
自分の言っていることを、恥さらしと思わないのでしょうかね?
健康被害には敏感過ぎで、自分の言動には鈍感だと感じます。

喫煙者や、肥満で健康管理が出来ていない人に、健康被害の心配を口にして欲しくありません。
カラダに悪い影響があるモノは、放射能だけではありませんし。
喫煙、排気ガス、ストレス、暴飲暴食、睡眠不足、運動不足 etc.
そんなことを繰り返している人が「水が手に入らない…」とか言うのは??

その言動が、風評被害という復興の妨げを生むという自覚。

ナニに敏感であるべきか。
ナニに鈍感でいいのか。

ワタシは、間違わないように心がけたいです。

|

四角と丸。□○

P1000715自宅でのお稽古の日
ナゼかこの日、お稽古してくださった皆様の画像を
全然撮ってなかった…。
撮る内容ではないお稽古も多かったのでね。

で、ワタシのキモノ。
白地に赤い格子縞 紬×白黒市松 木綿半幅帯

今春買った、絹糸の紬です。 なかなか若作りかなと思いつつ、爽やかで春らしい感じが好きで買っちゃいました。

帯周りは、赤白ピンクのブロック柄帯締めに、
韓紅のシュシュ。
全体に四角の積み重ねのコーディネートの中、丸を入れてポイントに。
衿も、ボタン付きのモノで丸を入れました。

帯結びは、変わり角出し。
とある生徒さんによると、半幅のテッパンの結び方。

P1000718P1000717

|

年に一度の…。

P1000698パルファム倶楽部の講座の日のワタシのキモノ
ブルーグレー地に濃い紫のよろけ万筋に青い笹竹柄 綸子×生成り地に木蓮柄の名古屋帯

この季節に咲く花として、桜より木蓮の方が好きです
その木蓮が主役のコーディネートです。
ほんっとに大好きな帯なんですけど、木蓮の季節は一瞬なので年に一回くらいしか締めません。
暖かさを感じる日だったので、羽織は薄手です。

帯周りは、黒・金・青のジャラジャラ帯締めと、群青色のちりめん帯揚げ。羽織ヒモは、買ったネックレスを自分で改造したターコイズにドットの石。
最近、あっさり目の帯周りがマイブームだったんだけど、久しぶりにジャラジャラしちゃいました。

P1000706_2P1000705

P1000700_2帯結びは、お太鼓。いろいろな結びを試行錯誤しましたが、この美しい木蓮の絵を最大限に見せられるのは、お太鼓が一番いいと結論づけたんです。

衿は、桜色のちりめんに花柄の刺繍。
ゴメンナサイ。
衿の画像撮るの忘れてました。

|

サクラさく。

P1000708パルファム倶楽部の講座の日
基礎コース修了の日でした。
ホントに完璧な仕上がりです。
ご本人にそう伝えると
「今は着れても、一人で着ると出来ないんです。」
とおっしゃいました。
同じことをおっしゃる方多いんですよねぇ…なんでだろう(‐”‐;) 教え方に問題あるのかなぁ?

お祖母様に誂えてもらったという春らしいキモノと、猫がひそんでいる袋名古屋帯。ふんわりの色合いがとてもお似合いです。帯締めのチョイスがとてもいいですね

パルファム倶楽部の前は生田神社。
桜がキレイに咲いていたので、修了の記念撮影をしました。

P1000709

P1000710P1000712

P1000713赤い型押しの履き物が、とてもステキでした。
菱屋のモノだそうで、やっぱりいいモノは分かりますね。
オシャレは足下からですもんね。

|

ころもがえ。

やっと春らしい感じになってきました。
4月に入りましたので、ウチの ”トル子” ころもがえしました。

P1000622_3

P1000625_2

現実的にはコレで出かけることはゼッタイにありませんが、
ディスプレイには楽しい着こなしかなと。
柔らかい昼夜帯ならではの、とろんとしたラインが
とても好きです。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »