« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

ポワソンドールのつづき。

P1000839展示受注会に行った日のワタシのキモノ。
白黒千鳥格子 綿紅梅×黒地にレトロ花柄 木綿半幅帯

雨対策で全身木綿です。足下も、キモノを短めに着てブーツ。 気温は涼しかったけど、この上から試着をしたら汗だくでした。
半幅帯は自作です。 わが家にミシンは無く、手縫いで4mを波縫いしたというヒマ人としか言いようのない一品です。

帯周りは、ひわ色の丸組帯締めと根付けはパールビーズのチャラリです。

帯結びは、変わり角出し。
半幅だとコレばっかり…。スミマセン。

P1000840 P1000841

P1000842衿は、半幅帯と同じ生地の木綿。
帯を作った時の余り生地です。

|

ポワソンドール

P1000843チェックし続けている浴衣ブランド ”ポワソンドール” の展示受注会に行ってきました。
今回 初の神戸での開催で、雨模様でしたがハリキッてキモノで出かけましたよ。

Webショップでいつも見てるんですが、やっぱり現物を手にとってから買える方がうれしいですよね。
すでにココの浴衣を一着と下駄一足を持っているのですが、まだまだ気になるものがあって、とくにお目当ての夏キモノがあったんです。
現物を見てみると、やっぱり良かったぁ。
ますます欲しくなりました。 でも、ワタシの欲しいサイズは売り切れていました (゜-Å)
来シーズンには必ずゲットしたいと思いますよ!

P1000844P1000847

110528_153501_2試着中の友人。濃紺の綿絽で大人っぽいの。
とても似合ってました。→

この下駄 とってもいいですよ。↓
高さがあるのでキレイに見えるし、くすんだ赤の塗りでハデ過ぎないけど個性的。
見た目以上に合わせやすいです。

P1000846_2

その後 お蕎麦を食べに行ったのですが、そこで ”寄せ植え・苔玉アーティスト
ホアマイ”さんに会いました。
以前からお知り合いで、ナゼかいつも予期せぬ時に会える方なのですが、きちんとミドリや植物のお話しを聞いたことがなく、この日お話しができて なんだかワタシもミドリを育てたい熱が上がりました。一緒にいた友人も教室に参加したいとのことで、勢いで6月の苔玉教室へ参加を決めちゃいました。
ワタシ来月から植物を育てられるヒトになりますよ (o^-^)o

それから、つやっつやでキレイなお蕎麦 とても美味しかった☆

P1000849

|

そら豆。

義父が鹿児島で畑をやってます。
5月の後半になって届いた、初夏の味 そら豆。

旬の野菜というのは、ほんとうにキレイで美味しいもんですね☆
他に代わりのないご馳走でした。

被災地の避難所の方々は、新鮮な野菜なんか食べられてないんだろうなと思い、このそら豆を食べられること、例年以上に感謝して頂きました。

P1000837

|

キレイのための準備。

またしても更新止まってますね。 ゴメンナサイ。
なんの理由もないのですが、ほんとに書くことなくて (⌒_⌒;

浴衣の季節を前にして、ちょっと着付けについて語ってみようかと思います。

キモノに比べて浴衣の方が気楽に考えられがちですが、着付けが簡単な訳ではないと思うんですね。
キモノでは、襦袢で土台を作ってキモノできれいにくるむ感じですが、浴衣は一枚で全部しないといけません。

ワタシは、キモノも浴衣も、ただ着られればいいとは思っていません。
キレイに着られないなら、着ないほうがマシだと思っています。
オシャレしたくて着るんでしょうから、洋服より時間をかけて着る以上キレイな仕上がりでないとね。

説教くさくて申し訳ないんですが、キレイな浴衣姿のために、今の季節くらいから色んな意味で準備するのもいいと思いますよ。

画像は、作夏のパルファム倶楽部での浴衣食事会の時のモノ。
すっきりキレイだわっ☆

P1010723

|

しゃくやく。

お花をいただきました。

純粋にうれしい。
くださったのは、とてもキュートな女性。

花をもらうというのは、ずーっとずーっと大昔から 万国共通 幸せになれる瞬間ですよね。それを飾れば、目に入るたび うれしくなれる。

アリガトウ。

P1000834

|

お単衣です。

P1000795パルファム倶楽部の講座の日のワタシのキモノ
白・赤・黒のダイヤ市松柄 銘仙×生成り地にオレンジのバラ柄 名古屋帯

お単衣です。
まだ袷でも大丈夫な気温でしたが、お気に入りのこのキモノを早く着たくて。
陽射しが強くなってきたので、エドコロモ作 ”まぶかちゃん” かぶりました。
キモノにもピタッとくるデザイン☆
オレンジのスカーフを巻いて足しました。コーデ全体にまとまりが出たでしょ?

帯周りは、ひわ色の丸組帯締め。帯揚げはライム色のシフォンにビーズが縫い付けられたショール。根付けに昨夏に作ったチェコビーズのチャラリを。ゆれる光モノを入れると、グッと夏が近づいてきますね。

帯結びは、お太鼓に羽根が2枚かぶるのん。
オリジナルの結びです。コレっていう名前をちゃんと考えたいとずっと思ってます。

P1000796 P1000799

P1000798衿は、木綿のクリーム色地に黄色い小バラ柄。
5月はやっぱりバラ柄ですよね。

|

爽やかな風

パルファム倶楽部の講座の日
暑すぎず 寒すぎず 気持ちのいい爽やかな風の吹く日曜日でした。
この日は基礎の講座は無く、それぞれご希望のお稽古をしていただく ”着こなし講座” です。
この日の気候のように、初夏の爽やかな風のようなキモノ美人お二人が仕上がりましたよ。(゚ー^*)b このまま そうめんつゆのCMに出られると思いませんか?

P1000804

一足早く、浴衣のお稽古をされる方がいらっしゃいました。
でも、早すぎないですよ。 そろそろ各デパートなんかでも浴衣の特設売り場が出始めてますもんね。
コチラの方の浴衣はとってもステキな藍染め。粋でカッコイイです。
ワタシこの浴衣かなり好きです。 年々シンプルな藍染め浴衣に魅せられいくようです。

P1000800 P1000801

コチラは、買ったばかりのキモノと帯でお稽古の方。
袷なので季節的には今ぐらいが限界ですが、涼しい色目でいいですよね。
帯の色合いが可愛くシンプルなんですが、この柄、竹のようにも見えるし骨にも見えるんですよね。ロックな感じで面白いです。

P1000803

|

エドコロモ×居内商店

帽子・布小物など、ステキなものを作り出すエドコロモちゃんのニュースです。
キモノ女子の間ではお馴染み、 ”gofukuyasan.com” の居内商店から
彼女のデザインした布の帯や襦袢が商品化されました!

スゴイーッ!! めちゃめちゃめでたーいっ!ヽ(´▽`)ノ♪
すっごいカワイイーッ。 ゼッタイ欲しい~。

皆さん、どしどしオーダーしちゃいましょう。→ 
こんな帯や襦袢があったら、コーディネートがますます広がるわぁ (o^-^o)
色が豊富でどれにしようか迷っちゃう。
綿麻なのも、お手入れしやすいし、ポリみたいに蒸れたりしないし、静電気も気にならなくて◎だね。 ワタシは襦袢を狙っています☆

20110514_22377751

|

豆大福。

P1000781豆大福すっごい好きです。
今まで、やっぱり京都 ”出町ふたば” が
一番おいしいと思っていましたが、もっと
おいしいと思う豆大福を頂きました。

えんどう豆の塩加減もちょーどイイ☆
豆率かなり高くてごろごろ入ってます。
あんこの甘さ控え目で、お餅の柔らかさがほちゃほちゃ!

神戸兵庫区の湊川の和菓子屋さん「甘幸堂」のものだそうです。

P1000783

|

お久しぶりです。

永らく更新止まっててスミマセンでした。

P1000779体調の話しなんですが、よく分からないセキが出て、のどもヘンな感じが続いてるんですよね。
コレって黄砂の影響でしょうかねぇ?
周りでも同じような感じの人が増えてるようです。
今の中国からの黄砂は、ナニやら怖いです (゜д゜メ)

自宅での着付けとお稽古がありました。

落語会にお出かけとのことで、気楽な小紋の着付けを承りました。
今くらいがキモノでのお出かけに一番いい季節ですよね。 皆様も気楽にキモノを着てお出かけしてみて下さい。

P1000780

P1000785お稽古は、ずーっと前 ワタシが教室を始める以前に着付けをお教えした友人で、習い直しに来てくれています。まだ教えることに慣れず下手な説明だったので、教えてもらう方はホントに分かりづらかっただろうと思います。
今は以前より分かりやすくなったと褒めて頂けました。ワタシも少しづつは進歩できているようです。
さすがに習い直しなので、一回目のキモノのお稽古ですが、キレイに仕上がりました。

|

病休。

スミマセン。
めっちゃ更新とどこおってます。 (><;

G.W.の初めにフキノトウで食品アレルギーが出て、かなり凹み
その後 カゼをひき、引きこもってました。

そろそろ回復してきてます。
またの更新まで、もうしばらくお待ちください。 

|

タケノコのこのこ。

P1000775先日、ハイカラきもの計画「春野菜を楽しむ会」でもお世話になった、青木のお店へ行ってきました。
もう4月も終わりだし、タケノコは食べられないだろうと思って行ったら、今春は寒さが続いてるせいでまだありました。
ラッキー♪タケノコ大好き! ありがたや~ (*゚ー゚*)
そんな訳で、タケノコ尽くし。 若竹煮・木の芽和え・天ぷら・筍の寿司
筍のお寿司は初めて食べましたが、美味しい~♪ 
タケノコの甘さと香りが酢飯で引き立つのね。

それと、桜鯛の煮付けが美味しかったな。ふんわりの身でしっかりしたお味がギュッと詰まってる。きちんと調理された和食は、やっぱり最高のご馳走です☆

P1000776 P1000774

P1000767この日のキモノ
レーズンブラウンと銀鼠の桐柄 大島紬×オフホワイト地に水色のマルチボーダー 昼夜帯

キモノの色目が秋冬な感じなんですが、薄く軽いお召しなので今の季節にいいんです。なので、帯と小物の春色を意識してコーデしました。

帯周りは、生成りとカラシ色の細い丸組帯締めの2本使い。ちょっと寂しいかと思って飾り結びにしました。帯揚げはスカイブルーのちりめん。最近コレばっかり使っちゃう。ちょうどいいパンチ力で使い勝手がいいのかなぁ?
根付けは赤系のビーズのモノ。
わりと春っぽい帯周りになったでしょ?

帯結びは、角出し。

P1000771 P1000772

P1000773衿は、白ちりめんにスモーキーな水色の綿レース付き

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »