« 夏の味覚゜・。・o ② | トップページ | 夏の味覚・゜゜・*:.。④ »

夏の味覚・゜゜・*:.。③

P1030241コチラの浴衣は牡丹とクジャクの柄なのですが、上前のクジャクの柄が縫い目で切れずにちゃんと繋がってます。
浴衣としては、かなり丁寧で凝った縫製。
そのお陰で、インパクトのあるクジャクがどーんっとセンターにあってカッコイイんですよね。
帯は白いレースのモノですが、甘過ぎないレースで浴衣のカッコ良さといいバランスだと思います。帯までカッコイイ系にしてしまうと「極妻」系になってしまいかねないですもんね。
<適度なカッコ良さ+適度な甘さ> 人の魅力にもつながる要素な気がします。




P1030239 P1030242

お友達同士で参加して下さったお二人。ともにアパレル業界の方です。
洋服業界の最先端で働く方々ですが、意外と今時の派手めな浴衣ではなく古典的で純和風な装いを選ばれるのですね。
”良いもの”は ”良い”ということでしょう。
総絞りの浴衣はお母様からのお下がりだそうですが、とても素晴らしいお品でした。薄めの木綿地で、細やかな絞りに凝ったぼかし染め。染め技巧の見本のような、博物館のガラスP1030234ケースに納めておきたいくらいの一品です。P1030235P1030236
帯結びを少し整えさせて頂きました。
よくあることなのですが、文庫に結んだ羽根がペタンと平たいままにされてることがあります。
せっかくなので立体的にさせてもらったんです。 いかがでしょう?

P1030237

|

« 夏の味覚゜・。・o ② | トップページ | 夏の味覚・゜゜・*:.。④ »