« ウールベレー帽☆ | トップページ | 春の ”細雪” ごっこ。 »

ウールベレー帽のつづき

「白い花のように」をかぶって出かけた日のキモノ
P1050363_2黒地に白の角通し お召し×ミントグリーン・赤地にピンクの薔薇と格子 染め名古屋帯×男モノ黒羽織

今年はワタシも、ついに不惑といわれる齢になります。
やっぱり、すこしづつしっとりしたものが好きになってきますが、カラフルでかわいいものも好き。
それを併せたワタシなりの ”大人ガーリー”
模索中のコーデです。
男モノの羽織は、裄はたっぷりあるし、振りは閉じてあるのでキモノと袖丈が合わなくても関係ないし、とても便利。

帯周りは、ピーコックブルーの帯締めに小梅のちりめん細工付き。帯揚げは、ピンクと白のカギ針編みの毛糸の子ども用マフラー。
根付けは、雪の結晶の透かしと青のスワロフスキーのモノ。
羽織ヒモは、ターコイズブルーに黒ドットのブロック。

帯結びは、角出し。
お太鼓でも良かったんだけど、この帯の雰囲気にはこっちかなぁと。
P1050360 P1050355
P1050371
防寒に、白ヒョウ柄のファーマフラー。

衿は、黒地に白レースを重ねたモノ。

P1050358

足元は、黒のエナメル台に千鳥格子の鼻緒の
草履。
P1050367

|

« ウールベレー帽☆ | トップページ | 春の ”細雪” ごっこ。 »